上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 みなさんご無沙汰しております。

新しい記事をアップできない日が続いており

せっかくご訪問いただいたのに・・・

と、心苦しく思っております。


 子ども相手の仕事をしており、

子どもたちがヒマになる夏休みとその準備期間は

必然的に仕事が忙しくなるということで、

しばらくの間は

みなさんのブログの訪問や

銀ちゃん・雪ちゃんブログの更新も難しくなりそうです。


 そうはいっても、次の日の準備が早めに終われば

PCに向かう時間も持てるので、そんなときは

訪問&更新いたします!


 比較的お手軽投稿の可能なfacebookは続けていこうと思っているので

お友達になってくださる方は、お友達申請させていただきたいので

コメントにてお知らせください。お待ちしております♪


 それでは、みなさんお元気で!夏バテしないでね!



   アトリエミルン&銀&雪


スポンサーサイト

次女が小学生のころから愛用していた

通学用の手提げバッグがついに破れた。

ので、母が新しいのを作った。

自転車通学なので雨にぬれることもあるし

お弁当やら体操服やらをたくさん詰め込むので

ビニール素材のかなり大きめのモノを頼まれていて

 紺色か黒ベースの細かい柄のでお願いね

と、所望されていたにもかかわらず

母の選んだのは・・・


13061502.jpg コレ。


売り場を丹念に探し回ったものの

どういうわけか次女の希望にかなうビニール製の布は見つからず

 なんとなく黒っぽいし、よく見るとカワイイ~

ということで、アニマル・マーチという名前のついた

この布を50cmほど購入して

帰宅してバッグを作った。


13061501.jpg こんなカンジ。


リボンと持ち手は黒にした。


この手提げバッグを見た次女は一瞬絶句。そして、


 え~、なんかコワイ~。


とちょっとだけ泣きそうになったが、

文句を言うことはできないタチなので


  よく見るとかわいいよ!


という母にの意見に素直にうなずいて

翌日からこのアニマル手提げを自転車の前かごに突っ込んで

学校へ行った。

母の言った通り、級友たちの反応は


  よく見ると、カワイイ。


だったそうだ。



それに、よく見ると、


13061503.jpg

雪ちゃんがどっかにプリントされていそう。

13061604.jpg


そう思わない?



辛口コメンテーター・長女が登場し、


 思わない。


だって。あ、そう。


 
banner.gif


母が教室のブログも更新しました。読んでみてねん♪







朝活に興味があったので、今朝は5時に起きてみた母。

(普段は6時に起床)

8時半までの3時間半の間に

かなりの数の仕事をこなしたので披露いたします。

 ⑴ 洗顔・歯磨き

 ⑵ 朝食の準備
   ・サニーレタス・玉ねぎスライス・フルーツトマト・ワカメのサラダ
   ・ゆで卵のディップ
  
 ⑶ グリーンスムージーを作り冷凍庫へ
   ・朝食用はシャーベットにして子ども用にはアイスクリームをトッピング
   ・雪ちゃん用は小分けにして冷凍

 ⑷ おやつの焼き芋をグリルで焼く

13051601.jpg
一週間分できた

13051602.jpg
雪ちゃんにも焼き芋をおすそ分け

13051603.jpg
ささみと野菜もトッピングしてあげるよ


 ⑸ 日焼け止めを塗ってメイクをする

 ⑹ 雪ちゃんのお散歩へ
   ・いつもよりゆっくり時間をかけて遠出した。
   ・涼しくて、車も少なくて、新しいワンコにも出会えた。
   
13051604.jpg
近所のバラ屋さんのバラが満開

13051605.jpg
雪ちゃんも見惚れるほど

13051606.jpg
お見事。虫も一匹もついていない!

13051607.jpg
せっかくなので、記念に1枚。

 ⑺ 父と次女を起こして朝食をとる(長女は自分で起きる訓練中)
   ・準備がしてあったのであとは楽チン 
   ・パンを焼き、ヨーグルトにジャムを添えるだけ

 ⑻ 子どものお弁当を用意

 ⑼ 朝食の後片付け

 ⑽ ラジオ体操とロングブレス(父も参加)

 ⑾ 雪ちゃんのブラッシングと髪を結う

 ⑿ 洗濯

 ⒀ スマホのアプリで英単語40個テスト


ここまでで8時半。

ふだんより1時間早く起きたぶん何ができたんだろう。

おやつの焼き芋焼いて、化粧をして

雪ちゃんの散歩が長くなったくらいか・・・


でも、早朝の空気はひんやり気持ちが良かったし

なんといっても得した気分!ってのがいいね。

1日25時間くらいに感じるかも。


しかし、朝の5時に起きるために、昨夜母は10時に就寝したのであった。

いつもは12時くらいまで起きているのに。

しかも、朝から母だけがハイテンションで家族は迷惑そう。

寝ぼけまなこでパジャマ姿のままダラダラして

モソモソと朝食をとる父と娘たちが

フレッシュな気分の母には、生ゴミみたいにどんより見えて

ちぐはぐな雰囲気の家族になってしまった。

いつもより早く起こされた雪ちゃんは、クレートに戻り二度寝。


うーん、一人朝活は空回りかも。
   
どうするかな、明日から。

さて、10時から歯医者に行ってきます。


雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもちょいちょいがんばっていますので、見てやってください。


banner.gif
   

前回のスカンク記事に続いて、雪ちゃんの

臭い話題をもひとつ披露しておこう。


昨年6月に、うちのコになってから

すぐにトイレトレーニングを始めた雪ちゃん。


さまざまな紆余曲折を経て、

今現在はサークル内のトイレで排泄行為を行っている。

家族が一緒にいて、気持ちが落ち着いているときは

ほぼ100%失敗することない。


しかし、もうすぐ一歳になる雪ちゃんは

うちの子どもたちの年齢(13歳と14歳)を

あっという間に追い越し、

家の中での自分の身分というか立ち位置といったことに

何か疑問を抱いたらしく、


  アタシは、この娘たちよりも下ってわけ?



13032006.jpg おかしくない?

と言わんばかりに

示威行為をチョイチョイするようになった。


ボールを投げろだの、おやつを持って食べさせろだの

といった要求は、まぁ許せるとして

困ったのは、子ども部屋での排泄行為である。


普段はきっちり閉めてある子ども部屋のドアが開いていると、

こっそり忍び込んでウンチョスやらオシッコやらを

やらかして、テリトリーの拡大に努める。


うちの子ども部屋は雪の居場所であるリビングにつながっていて

入り口のドアはふたつあるが、中はひとつという間取りである。


13032010.jpg
工事中の写真ですが、こんな感じ。

13032011.jpg
ふたつの格子窓部分が子ども部屋。


先日、朝の登校前の慌しいときに

(たぶん次女が)ドアを開けっ放しにした隙に

しめしめと思った(かどうかは知らない)雪が

子ども部屋に忍び込み、長女のテリトリーにウンチョスをした。

次女のせいだと怒り狂った長女は

次女にウンチョスの処理を命じた。


が、次女は、長女のテリトリーにあるものは

長女が片付けるべきだと主張し、そのまま自転車にひらりとまたがって

学校へ行ってしまった。


妹の反抗的な態度に、怒り心頭に達した長女は

なんと雪のウンチョスをティッシュに包み

次女の机の上に放置して学校へ行った。


長女のテリトリーからトイレまではほんの数歩。


13032001.png
向かって右側が長女用のドア。トイレに近いでしょ。


なのに、わざわざ真ん中に置いてあるベッドを回り込んで

部屋の奥に位置する次女の机まで歩くとは、なんという執念!


学校から帰った次女が絶叫!!

半泣きでスカンク雪の異臭を放つブツをトイレに捨て

消臭剤を吹き付けては机をゴシゴシ拭いていた。

しかし、スカンク臭はなかなかとれなかった。


後日、再び次女が絶叫。

ウンチョス事件の日には気づかなかった

長女のイタズラ書きを発見したのだ。

どうぞご覧ください。



13032002.jpg
学校の予定表にうんこマーク。

13032005.jpg
宿題のメモにうんこマーク。

13032003.jpg
週間予定表にもうんこマーク。注釈つき。

13032004.jpg
部活の試合のゼッケンにも。判読しにくいが左上の隅にうっすらと。


まだまだ、いたるところにうんこマーク。


 お姉ちゃん、ヒドーイ!


と嘆く妹に、


  今頃気づいた?いつ気づくか楽しみにしてたよ。遅かったね。


と悪魔のような笑みを浮かべる姉であった。


雪はというと、自分のしたことなどすっかり忘れていた。


13032007.jpg
もとはといえば、オマエのせいだっつーの!



雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもがんばっていますので、見てやってください。



2週間ほど前のことだが、

母が金曜日の夜に教室でのレッスンを終えて

夕食の支度もしないで家を飛び出した。


別に、家出したってわけじゃぁなくって、

友人と名古屋駅のセントラルタワーズで待ち合わせをしていて

急いで出かけたのだ。



ずっと前の記事でも紹介したが

昔々母がバレエを習っていた頃、

いろんなバレエ団からオーディションで集められた

14人の子どもたちが、


13022507.jpg  
今では平均年齢40歳超え。



あまりに厳しいレッスンであったがために

そのおかげで実の兄弟姉妹のように絆を深め、

30年以上たっても、たまーに集まって

旧交をあたためている、という話だ。


今回はシドニー大学を無事卒業した

次男ビリー(役名・四捨五入すると50歳・女)が

5年ぶりに帰国したので、

卒業祝いということで

4女アンナ(母・もちろん女)と長男ロイ(東京から出張ついでに名古屋へ・女)と、

3人で集まった。


13022106.jpg カンパーイ!

次男ビリーは40歳近くになって日本の大学に入学して

イスラム教について学び、

ユダヤが理解できないのよね、ということで

シドニー大学に入学してユダヤ教を学び、


でも、あちらは学費が日本の倍はするので

単位は落とせないし、

授業はディスカッションばっかで必死にならなきゃ

ついて行けないし、本気で必死こいてなんとか4年で卒業した。


当然ながらまわりは若者ばかりで

イスラム圏の某国の仲の良い友達もでき、

(年齢的には息子)

13022508.jpg それって、いいの?


凹凸の少ない日本人顔の彼女は、

ちょっと年上のおねえさん?

くらいに勘違いされて、

あるときパスポートで本当の年齢がわかり

かなりビックリされて、

イスラム圏の彼はアッラーの神に許しを乞うたそうだ。


で、彼女は異国でのキャンパスライフを

堪能しつつも、ユダヤは極めたのはいいが

帰国して、仕事でもしないと食ってけないということで

ユダヤのテキストを翻訳して

出版社に送りつけたりしているが、

日本ではユダヤ教を勉強したい人は少なくて=需要がなくて=仕事にならなくて

こうなったらハーレクインロマンスでも翻訳しなくては、

と思うもののふんぎりがつかなくて

という負のスパイラルに陥り

でも、人生楽しそう。(注:未婚)


ダイソーでバイトしようかな、とか本気で考えてる彼女に

母が、英会話講師やりなよ!

とアドバイスしたものの、

オーストラリア訛りの英語は

アメリカ人の留学生でもワカリマセーンというくらい訛ってるし

シドニーはまだましで

オーストラリアの田舎のほうの人は

東北弁みたいに口をあけないようにしてしゃべるから

何言ってんのかぜんぜんわかんないし、

それはなんでかっつーと

東北は寒いからだけど

オーストラリアの田舎はハエが口にはいらないようにするためだって。

という、訛りのせいで講師はムリという話になり。


13022107.jpg
山梨のどこかの野菜のカリカリベーコンサラダ。



13022108.jpg
アイナメのなんとか。


13022109.jpg 
スープを残せば、リゾットにしてくれる。


その後、中年~初老の男性が寝入りばなに

プーップーッと小さく音を立てながら息を口から出すのはなぜか?

あれは、うるさいし

蹴飛ばすと一瞬止まるが、すぐにまたプープーはじまり

超鬱陶しい


という話題にうつり

13022509.jpg 
ワカルワカル。うちのオトウサンもやるよね。ウルサイよね。


しこたま飲んで食べて

アルコール類は一滴も飲めない母は、

最初にオーダーしたのはアップルタイザーだから

次はジンジャーエールにしよう!


と言ったら、

今飲んでたのはジンジャーエールだよ

と指摘され、

リンゴの風味のまったくしないアップルタイザーだと思って

飲んでいたわ
、と驚愕し

ばっかだなぁと呆れられ、

今度こそアップルタイザーをオーダーし。

13022110.jpg
 デザートもしっかり食べて。 


ボクと雪ちゃんのことも話題にのぼり、

外人は平気なくせに

動物の苦手な彼女が、

5年前にうちに遊びに来た時に

ボクをサークルに閉じ込めたことを思い出し、

あんなにちっちゃいトイプードルの何が怖いのかと聞かれ

獣の毛が苦手なんだよね。

というクセに、

男には胸毛が必要。

とか勝手な持論を展開し、

母は胸毛は嫌だけど、トイプーの毛が大好きと言い、

13022510.jpg
どうでもいい!!



ホントにどうでもいい話ばかりをして

11過ぎに帰宅した。

その日の我が家の夕食は、父の作ったビーフストロガノフだった。




余談:シドニー帰りの彼女は

浦島太郎状態で

日本の若者言葉の意味が解せないらしい。

例:鉄板・フライングゲット・どや顔・やばいの使い方・ツンデレなどなど

ずっと日本に住んでいる母たちにも

うまい例文をひねりだせず、

「私たちの肩は鉄板みたい。」ってのは間違いなわけよ。

とごまかした。


えー、本日の文章は悪文の一例です。

~て、~て、~て

と話が途切れることなく続く小学生の作文タイプでした。

接続詞を使って、文を区切りなさい!!

と普段は子どもたちに指摘するクセに、

やっぱ、このほうが話しやすい、みたいな?

やっばー!



ところで、母が教室のブログをはじめましたので、見てやってください。




雪ちゃんとモップ君の応援もお願いします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村


こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー
*今年度版として、いろいろUPしました。見てね!



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。