上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼく、銀ちゃん。久しぶり。

ここ半月ほど、落ち着かない日々を過ごした。

昨年の長女に続き、次女の中学受験期間だったから。

無事、第一志望校への入学が決まり、母も仕事を再開した。

しかし、落ち着いてパソコンに向かえる時間は減ったようだ。


現在、中1と小6の子どもたちが小学校にあがる頃、

ぼくたちは、一軒家へ引越しをした。大好きなケンチャンとはお別れだ。

ぼく専用のトイレのドアもある。

父母が設計士に頼んで、つけてくれた。

好きなときに、トイレにいける。ありがたい。


小さなクリーム色の家だ。屋根は赤茶色。

一階には母のアトリエがある。

大人だけでなく、近所の子どもたち相手にハンドメイド教室も始めた。

長女と次女の友達もたくさん訪れた。

育児も一段落。ぼくも10歳になろうとしていた。

しばらくは平穏に過ごしていたが、ある日ぼくは倒れた。

突然に。








スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。