上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトといえば、母が大学生の頃

すごく変なバイトをしたことがある。


  東大の大学院生が、コンピューターを教えてくれる。

  バイト代は1回3000円で、全6回。

  やらない?



と友人に誘われた。


教えてもらえて、さらにバイト代までもらえる。

やりたいのは山々だが、一応


  やりたいけど、わたし、コンピューターぜんぜん知らないよ。


と、確認した。


  そのほうがいいんだって。

  サルにコンピューター教えるくらいの気持ちらしいよ。



というセリフに多少ひっかかるものがあったが、

文学部在学中で、コンピューターを操れないことに

危機感を覚えていた母は、

友人3人と連れ立って赤門をくぐった。


年齢不詳の(多分30歳にはなっていない)

ちっとも笑わない男の人(中肉中背)が

コンピューターと書類と本に

囲まれて座っていた。

抑揚のない声で一通りパソコンにつての説明をして、

その人の手作りと思われるテキストを渡され、

自由にパソコンを使ってくれと言う。

日本語DOSが図書館司書みたいなもんで、お願いすれば

ファイルを取ってきてくれて、みたいなストーリーが

思い出されるが、なんせ20年以上昔のことで

記憶がさだかではない。


ときどき質問をされて(やはり抑揚のない声で)

母たちがトンチンカンにこたえるのだが、

それらのやりとりは、すべて録音されていた。


2回目からはそれぞれが都合のいい日に

行くことになり、

場所も高円寺の駅から歩いて数分の

事務所のような場所に変わった。

やはり、コンピューターにかこまれて

その人は座っていた。


なんの盛り上がりもないまま

回は進んだのだが、

たいしてコンピューターの知識は増えず

  あの人、妻帯者で2歳の女の子もいるんだよ。

という友人の、どこで仕入れてきたのかわからない情報のほうが

よっぽど印象に残ったのであった。


ほんとに笑わない人で、

事務的なこと以外は、まったくしゃべらない。


最終日に、なんとなく思いついて

母はレモンケーキを買って、

  お嬢さんにどうぞ。

と渡したら、

初めて白い歯を見せて、笑った。


あの人はいったい何の研究をしていたのだろう。

今思い返してみると、

コンピューターの解説書のようなものを

執筆していたような気がする。

初心者に読ませて、どれだけ理解するのか

を知りたかったのかも。


文学部のスットコドッコイな女子学生3人を被験者として

彼は無事研究を全うすることができたのだろうか。


このバイトは、母の記憶に残る「変なバイト」のうちでも

3本の指に入るくらい「変度合い」が高い。

残りの2本については、いずれまた。



雪ちゃんのバイトから、母は記憶のイモを掘り起こした。

犬好きのみなさんには、どうでもいい回顧録となってしまった。

ので、内容とは関係ない写真を貼ってみます。


まず最初は、金環日食を観察するボクin骨壷。

12083101.jpg


お次は、ボクと次女のお昼ね3連発。

12083102.jpg

12083103.jpg

12083104.jpgおっと、ボクの目は開いている。


こちらは部活で熱中症となり、冷えピタをおでこに貼って休む長女。


12083106.jpg大丈夫デスカ~?


ラストは、我が家にきて2日目の雪ちゃんのお昼ね。

12083105.jpg



それでは、みなさん ごきげんよう。



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー



   雪ちゃん、ランキングに参加しています
        顔のど真ん中あたり
     クリックよろしくお願いいたします~

           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村










  

  

  

スポンサーサイト

雪ちゃんの見つめるその先に

120830.jpg今日は裸族。


腰の曲がったおばあさんと老犬。ゆっくり、ゆっくりすすむ。

12083002.jpg 共に白髪の生えるマデ。

フェンス越しに見える中学生は元気いっぱい。真夏の早朝。


翌朝 出会ったのは、

12083003.jpgオハヨウゴザイマス。

12歳のモモばあさん。飼い主のおばあさんは77歳。


モモばあさん、目があまり見えなくなった。

草むらに顔を突っ込んっでにおいをかいでいたら、

目ヤニがたくさん出たので、病院でみてもらった。

鋭い草の葉っぱで角膜に傷がつき、

目が白濁してしまった。


  雪ちゃんは、気をつけてね。

と、やさしい言葉をかけていただいた。


  モモちゃんを看取るまで、私もがんばるの。

  でも、お互いに歳をとって、わびしいのよ。

  今度会ったら、きっと名前忘れてるからまた教えてね。

と、一人暮らしのおばあさん。


雪ちゃんなりにいろいろと思うところあり。

12083004.jpg ウーン。


たまにはゆっくり考えをまとめよう、と思っていたら、

次女にバイトを持ちかけられた。

報酬は卵ボーロ。


夏休みの宿題「理科の実験」のテーマを

「犬の記憶力」にした次女。

雪ちゃんと近所のモップくんを被験者として、

いろんな実験を試みた。


12083005.jpg 左端のコップにボーロを入れるからね。ハイ。

12083006.jpg むこうから2番目のコップにボーロだよ。ハイ。


オヤツの入っているコップの場所を記憶させられて、

別の部屋で待機。

その後、正確なコップのところへ一発でたどり着いたら

報酬のボーロがもらえる。

待機時間は 1分、5分、10分と伸ばされる。

様々なパターンのトラップが用意されており

かなり神経を使ったみたいだ。

数日間かけ、なんどもやらされて

報酬はおトイレがうまくできたときにももらえるボーロだけ。

途中からは、その報酬も肥満を気にする母により

ドッグフードに切り替えられた。

割の合わないバイトだった。




さて、母の視力を急激に奪った(加齢による老眼かも)

ホームページの目鼻がつきました。

手作りと国語の好きな皆さんも

そんなこたぁどうでもいいという皆さんも

ぜひ一度、訪問してみてください。

みなさまのお越しをお待ちしております。


homepagebバナー



   雪ちゃん、ランキングに参加しています
        顔のど真ん中あたり
     クリックよろしくお願いいたします~

           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村





前々回、雪ちゃんがカエル開脚で寝るのを好む

という記事を書きましたが、

2817.jpg 伸ばすこともできます~ぅ。


ということなので、載せときます。一応。


で、最近のことですが

雪ちゃん、いろんな人からたくさん贈り物をいただいている。


まず、最初に。

《てぃちゃんとティータイム》のライムくんお誕生日企画に応募したら

見事当選!アルパカのままさんより、かわいいマナーポーチを送っていただいた。

12082801.jpg ありがとうです。

すでに、愛用中。革の持ち手をリードにかけることができて、

ものすごく便利。感謝です!


先輩犬のみなさんにマナーを教えてもらい

2.jpg おしりのにおいかいでいいですか?

3.jpg あいよ、どうぞ。

ボンねえさん(コーギー&ダックスのMIX2歳)におしりのにおいをプレゼントしてもらった。


動物病院のセンセイには、

診察前にオヤツをプレゼントしてもらい(雪ちゃん、みっつももらった)

4.jpg イタダキマス。

ていねいに触診してもらい、

5.jpg 雪ちゃん、おっきくなったね。 ・・・・・・。

最近センセイが飼いはじめたアメショーに会わせてもらい、

6.jpg ネコだ・・・。

帰り際に、狂犬病の注射をプレゼント。

1.png 痛くもかゆくもない。



日曜日にはトリマーのLさんとこへ遊びに行った。

おしりのにおいをかいでもらう。社会化訓練の成果か。

14.jpg 雪ちゃん、成長したわね。 ハイ。


ハミガキの手ほどきも受ける。

Lさん、歯石を削りとる!

15.jpg 素人にはむずかしいよ!


そろそろ、遊びたい雪ちゃん。

13.jpg 営業部長、遊んで。 ちょっと、待っときゃー。


12.jpg まず、アンタの父さんにあいさつだがね。


11.jpg マダ? もうちょい待っとって。


おみやげに、ドでかい牛のひづめのスモークと

前髪をとめるピンどめをプレゼントしていただいた。

トップノットの結い方講習つき。

16.jpg 牛だけどウマイです~ぅ。



家に帰って、

長女からは、おなかナデナデのプレゼント。

10.jpg キモチイイ。



最後に、ボクからプレゼント!

家族が大画面テレビでボクのビデオを見ていたら、

雪ちゃんがダーッと走ってきて、

テレビにうつるボクの姿を見つめた。

スピーカーから聞こえるボクの鳴き声に耳を澄まし、

ボクの姿を目で追う。

8.jpg ギンちゃん・・・?

9.jpg 銀ちゃん。



雪ちゃん、キミと一緒に公園を思いっきり走ってみたかったなぁ。

ボクのぶんまで元気に毎日を過ごしてね!

18.jpg 足、こんなに伸ばせまず~ぅ。

わかったっつ~の。





   雪ちゃん、ランキングに参加しています
        顔のど真ん中あたり
     クリックよろしくお願いいたします~

           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村

みなさん、こんにちは。

本日もご訪問いただきまことにありがとうございます。

おや?と思われた方もいらっしゃると思いますが、

画面、明るくなりました。


夏季休暇のあいだ、教室のホームページを

ひたすら作りこんでいた母。

父に、

  いつみてもPCの前にすわってない?

といわれるほど(家事も父に任せた)熱中して、

目が悪くなった・・・。すごく。


もともと近眼で

中1の頃からコンタクトレンズを愛用しており、

どれくらい近視がひどいかというと

裸眼のまま海で遭難したら

鮫が近づいてきたのか救助船が助けにきたのかも

区別できないくらい(多分)なので、

お風呂でシャワーと手すりを間違えて握ったこともある。

で、年齢も年齢なので、

同級生のあいだでも、もっぱら「更年期」と「老眼」

が話題となっており、

早い話、以前のテンプレートだと

自分の書いたブログが読みにくくなったというわけです。


そんなこんなで、

しばらく(もしくは永久に)

明るめのテンプレートを使用してみます。


さて、雪ちゃん。

こんな感じで元気です。

2615.jpg



朝6時ごろに近所の公園へ出かけると、


たくさんのワンコたちに会える。

260.jpg みなさん、はじめまして。


雪ちゃん、あいさつの仕方がわからない。

2601.jpg ちょっと、コワイ・・・


みなさん オトナで 友好的なので、輪が縮まる。

2602.jpg コワくないかも・・・



翌朝。

昨日会った、コーギーのラム姉さん(2歳)に会う。

2608.jpg オハヨウさんです。


2606.jpg あいさつはまずこう。 あっ。

2607.jpg そして、こう! あっ、よりすぎです!



次の日。

新太郎おじさん(7歳)に会う。 互いに駆け寄る。

2609.jpg 雪ちゃん! 新太郎おじさん♪



さらに次の日。

やさしいラム姉さんに再会。

2610.jpg 雪ちゃん、いい?。犬のあいさつはね。

2611.jpg おしりのにおいをかぐ! ひっ!


こうして、雪ちゃんは犬社会のしきたりを学んでゆく。


ふと、まわりを見てみると・・・

おじいさんに連れられた犬たちの熱い視線。

2604.jpg 来ていきなりベンチにすわってる・・・

そして、いつものフレンチブルとブラッシングおじさん。

2605.jpg アレ?犬の色がチガウ!

12ブル この前はまだら模様だったのに!

なんと、色違いのフレンチブルを交互に連れてきていた。



先日、例によって例のごとく、

長女の部活仲間が部活帰りに遊びに来た。

3ヶ月に1回くらいの割合で、狭い我が家に集まる。

2612.jpg 女子中学生が8人も。

1回目。ボク、存命中。

2回目。ボク、骨壷の中。

そして、今日3回目。雪ちゃんと初の対面。

めまぐるしく変わる我が家の犬事情。


  銀ちゃんのブログの写真撮るよ~

  顔にモザイクかけられたくない人は、下向いて~


との言葉に、全員いっせいに下を向いた。

2613.jpg でも、なぜか両手はピースしたまま。


もう、騒々しいったらない。

雪ちゃんがかわいいだの、ボクの仏壇の位置が変わっただの、

ブログに写真アップするとき、うちらの目にハート?だの。

2614.png 目にハートじゃなく、お面かぶせときました。 雪ちゃん、目がテン。


雪ちゃん、犬だけじゃぁなくって、

たくさんの人にも抱かれて、社会化訓練続行中。

2616.jpg 自然にも親しんでいます~ぅ。




   雪ちゃん、ランキングに参加しています
        顔のど真ん中あたり
     クリックよろしくお願いいたします~

           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村


 さて、

2101.jpg

 こんな程度にモサモサだった雪ちゃんですが

1917.jpg

 このようにスッキリして帰ってまいりました。

 ボディーを短めにカットしたからでしょうか、

 若干アタマが大きめに見えます。

 トップを伸ばしているのも多少影響しているかもしれません。


 では、上から見てみましょう。

 2109.jpg

 何色?ときかれたら、かなり自信をもって黒!

 とこたえられそうな色合いでしたが、

1918.jpg

 OH!シルバー!

 頭頂部の噴火口のように見える部分は

 トップノットです。

2108.jpg

 みごとなグラデーションです。

 近ごろ雪ちゃんは、後ろ足の付け根を

 カエルみたいにペタンと開いてうつぶせ寝するのを好む。

 このまま水に浮かべたら、アメンボウのように

 泳ぎ出しそうである。



 横から。

 まずカット前。

1919.jpg

 胸をはって、正しいプードルの姿勢。

 スクエア体型です。



 そして、カット後。

1920.jpg

 おや?なにか自信を失ってしまったかのよう。

 Lさんによると、

  ちょっとドワーフかも?

 ということで、足を長く見せるために

 カットを工夫してくれた。


 ボクはスクエアタイプだったみたい。

 ちょいとリハイ?気味だったらしいけど。



 
 ちなみにうちの子どもたちは、

 長女がハイオンで次女がローオン。

 身長は長女が2cm高いが、座高は次女のほうが2cm高い。

 幼い頃は座高で長女に勝っていることを自慢していた次女だが、

 最近は座高を話題にしなくなった。

 算数の割合を学んで、なんでも長けりゃいいってワケじゃない、

 比率も大事という厳しい現実を知ったらしい。


 雪ちゃんがドワーフ気味ということを知った次女は

 すかさず、外出していた長女にメールを送った。


   雪はドワーフ。私の味方なんだよ。


 ドワーフの意味をカン違いしていた長女は
 

   ドワーフは足長。私の味方。


 次女の反撃。
 

   残念でちた。ドワーフは胴長だよ。


 長女の返信。


   どうみたって、雪は足長。

   あんたはダックスフントでも味方につけときな。



 辛口コメントに強力助っ人投入。


   Lさんが言ってたんだよ。


 Lさんに勝ち目はないと悟った長女により強制終了。


   あっそ。で、なに?





 Lさんに短い前髪をきれいに結んでもらったので、

2102.jpg

 キラキラ髪飾りなんかをつけたりして

 ヘアアレンジを楽しんでいたら

 以前のトリミングで切ってしまった短い前髪が

 パラパラ落ちてきたので

2106.jpg

 母が2段階に分けて結んでみたら

 上手に結べなくて、かなり変になって

2104.jpg

 荒野に立ち 風に吹かれる 落ち武者?


2107.jpg

 洋服 噛んでやるぅ~。


2105.jpg

 さすがに飽きた。

1923.jpg

 こちらは、雪ちゃんの妹アンちゃん(岡山県在住)の最新画像。

 口元がそっくり。



で、前髪が切れるといけないから、

さっそくゴムを切ってほどいたものの、

やっぱり上手く結べなくて母は困っている。


近日中にLさんに助けを求めるに違いない。





   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村


疲労感いっぱいのお盆休みを過ごしたためか

雪ちゃんもボッサボサになったので、


1906.jpg


Lさんとこに電話した。


ボクが15年間もお世話になった、

ボクのことを知り尽くした、

プードルみんなの肝っ玉母さん。

ボクが旅立ったとき、花束を届けてくれた

やさしいLさん。

おこりんぼのボクが噛みつくと

  アイタッ! 銀ちゃんなんかに噛まれたって痛くないよ!

とボクより完全に上↑ってことを

思いしらせてくれた、頼りになるLさん。


ほんとにお久しぶりです。

ボクのお葬式の日に、トリミングスタジオへ寄って

お棺に横たわるボクをなでてくれて

ちゃんとお別れをして、

それ以来だから、4ヶ月以上のご無沙汰だ。

ボクの納骨のときに挨拶に行こうっていってたけど、

ぜんぜん納骨の日が決まらず、

けっきょく雪ちゃんのトリミングの日まで

会ってお礼を言うことができなかった。


Lさん、また新しいコを迎えたことを告げると

すごく喜んでくれた。

ボクに悪いとか思わないで、寂しいと思ったらすぐに次のコと

暮らし始めたらいい。そのほうが、ボクがちゃんと旅立てるって。

何頭もの愛する犬たちを見送ってきたであろう

Lさんならではの実感のこもった言葉だ。


そんなLさん、母が予約の電話で

  また、同じシルバーのトイプーです。

って言ったら、

  爆発娘!?

と、問い返した。

ボクは爆発男というイメージらしい。なるほど。

性格じゃなくって、種類と色がね。同じなんです。

母は、雪ちゃんはアンダーショットでないことを付け足した。

もういいっつーの。


日曜日の朝10時。一番乗りでなつかしのLさんちへ!

Lさんとこには

1スタンプー + 6トイプー + 1ニャンコ がいる。

かなり離れた駐車場に車を止めた客に気づくやいなや

いっせいにお出迎え。

接客が好きというか、かまってもらいたいコが多くて

特に父は毎回行く度にモテモテだ。


1907.jpg

 ワタシのオトウサンなのにだれかが・・・


 雪ちゃん、右隣のブルーのトイプーちゃんに比べておしりが・・・


1908.jpg

 次は、大きいプードルがオトウサンを・・・



1909.jpg

 営業部長のかれんさん。お元気そうで。



1910.jpg

 小さい子犬がいる・・・遠近法?



1911.jpg

 チガウ!ホントに小さい!



1912.jpg

 父の足(26.5cm)より小さい。


 6月27日生まれのプリちゃんだ。

 雪ちゃんの誕生日は4月7日。


1913.jpg

 なんで、そんなに小さいの?教えて。



 逃げるプリちゃん。

 雪ちゃんが、ますます大きく見える。


1914.jpg

 じゃぁ、部長さん遊んで。


1915.png

 まずLさんに挨拶してこないかんがね。



1916.jpg

 シマシタ。 よくできたがね。




40分近くみんなと遊ばせてもらって、

いよいよトリミング。Lさんには一切お任せなので

父母はいったん家に帰る。



長くなったので、つづきはまた今度にするがね。

いまどきギャルに変身した雪ちゃんを楽しみにしてちょー。




   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村

   

さて、公園ネタの続きですが。

公園に戻ってみると、


12野球
 野球少年らが、朝っぱらから なにやら楽しげに談笑中。


雪ちゃん、じっと観察。


12野球拡大
 近づいてよく見ると、長女の同級生たち。


活発な長女の小学生のときのドッヂボール仲間だ。

1年以上会っていないし、丸坊主だし、おっきくなってるし

早朝でスッピンで誰だかわかってもらえないかも知れないし

とりたてて話すこともないので

帰ることにした。



ご近所さんの庭に何か落ちてる。

12くり 真夏なのにイガ栗?



雪ちゃん、栗には興味がないらしく家路を急ぐ。


12帰宅1 ここですよね?
 

どうやら自分の家がわかったらしい。


12帰宅2 入りますよ。


雪ちゃんは、基本的に運動はそれほど好きなほうではない。

どちらかというと、母と同じくインドア派。


家に着いても 鍵を開けたり、ウンチョスの始末をしたり、

朝刊をポストから取ったりする間、

雪ちゃんは待たされる。


12待つ ・・・。


無言で待つ。

でもあんまり待たされると、


12不満 ・・・・・・・・・・・・・。


ちょっと、不満が募る。

さらに待たされると、


12白目 白目。
  

けっこう、コワイ。


以上で雪ちゃんの早朝散歩について、を終わります。




次は、昨日の土曜日のこと。

京都に続き、またもや災難な一日となってしまった。


夕方涼しくなってから

長島スパーランドへ繰り出して、

子どもたちはアトラクションを楽しんで

大人と雪ちゃんはアウトレットパークのジャズドリーム長島で買い物をして

夜の花火大会を見て、おいしいものでも食べようってことで、

3時過ぎに名古屋を出発したところ


1901.jpg 思いっきり雲行き怪しいし。

1902.jpg でも、もうすぐ着くし。


着いたら、雨が降り出して、

絶叫アトラクションも花火大会も中止になって、

ワンコOKなのに、雪ちゃんクレートにインしたまま。


1903.jpg 仕方ない。腹ごしらえでもするか。


モコあんさん、これが名古屋のひつまぶしですよ。

アウトレット価格?で安目の2,300円。


1904.jpg
 

子どもたちはやるコトないから、

アイス食べながら、雨が止むのを雪ちゃんと待つ。


でも、結局雨があがらず、帰ることにした。

フルール君が近くに住んでるから

会おうってことになってたけど、

豪雨!でそれもかなわず。


今年の夏休みは、雨に祟られている。

雨女か 雨男か 雨子供か 雨犬かが

うちの家族の中にいるに違いない。


1921.jpg ワタシは、ちがいます~ぅ




1922.jpg

Che Che New York(カタカナで書くと チチ ニューヨーク)

のかわいいプードルバッグを買えたことが

せめてもの救いであろう。

でも、コレ 母のではなく子どものバッグ。

もうひとつウサギ柄のも購入。それも子ども用。

ここのお店の店員さん。

接客熱心で、次から次へと手品のように

ネコやウサギや犬柄のバッグを

バックヤードから持ってきては

ソファに並べてくれた。

喋り続ける店員さんを見て、母は内心

  木の実ナナみたいな人だ。

と思っていたのだが、

店から出てすぐに次女が、

  ちょっとこわいオバサンだったね。

と言い、長女が

  イケイケドンドン みたいな。

と、こたえていた。

みんな店内では、何も言わなかったが

ココロのうちでは同じようなことを考えていたようだ。

ようは 迫力のある店員さんだったということだ。

バッグ2つ売れたから、よしとしよう。




   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村

大津市内でのランチタイムを終えて、

琵琶湖を横目で眺めたり、逢坂山のさねかづら~を越えたりして

ひたすら車を走らせる。

名古屋を出発してから、すでに6時間以上が経過。

父の疲労もピークに達し、母に運転を代わる。

しかし、京都出身の父とちがって、

まったくもってこの辺りの地理に不案内な母は

もともと車の運転が嫌いな上に、

持ち前の用心深さが邪魔をして

なかなかナビの道案内を信じようとはせず、


  ほんとにまっすぐ?

  この信号をまがっていいの?



と、うるさいことこの上ない。

眠いくせに効率を重視する父は

  この裏道に入れ。

だの、

  黄色だ、止まるな。

だの、


母の運転能力を超えた要求をするもんだから

ますます母はパニクり


  できない。やだ。


と、頻繁に口走るようになり

結局、父はオチオチ寝てもいられなかったのであった。


必要以上に車間距離をあける母の車の前には

何台もの車が、横入りする。

そのたびに軽くチッと舌打ちする父。

自分で運転したほうがなんぼかマシであろう。



そんなこんなで、やっとこさ宇治市内にたどり着いたのだが

ココへ来て再度びっくり!!

道路に泥が流れ込んでいる!


1702.jpg



近くの川が決壊して、かなりの被害があったらしい。

道も車も泥だらけ。



1703.jpg


そこかしこで泥の除去作業が行なわれている。


1704.jpg


自衛隊も出動して、見たことないこんな車も働いていた。

おなかの下で巨大ブラシがグルグル回転中。

あのブラシでこすられたらかなり痛そうだ。

雪ちゃんが見たら、卒倒しそう。


祖父母の家は高台にあるため、被害はなかった。

7時間半かけて、やっと到着~。

疲労困憊の父母はあいさつもそこそこに

昼寝ならぬ夕寝で爆睡した。



翌日は不安定な天気ながらもなんとか雨が上がり、

近くの黄檗公園へ散歩に出かける。


1705.jpg

まずは、プール帰りの親子連れをじっくり観察。


1706.jpg

遊歩道では、父と「ツケ!」の練習。


  雪ちゃんにリードをひっぱられちゃダメ!


と母の指導を受けた父は、雪ちゃんの歩く早さに合わせて小走りになり、

足元にまとわりつく雪ちゃんから離れようとして


1707.jpg


ヤジロベエみたいになっていた。

なんか、

ショーンさんのブログで

こんな写真を見たコトある気がする・・・

ふぅテンちゃんを両手にヤジロベエになるラピさん。

父は、片手に雪ちゃん。

もう一方の手にはボクならぬ、雪ちゃんのウンチョス。



丘に着いたら、「COME!」の練習。

せまい家の中ではできたけど、広い原っぱではどうかな?


父が叫ぶ。

  雪ちゃん、マテ、マテ、マテヨ~(尾木ママ風)

  雪ちゃん、COME!

17カム動画 ハイッ!

雪ちゃん、上手にできた。ヨシ。



さてと、疲れたから(人間が)帰るとするか。


1713_NEW.jpg

京都らしい写真を一枚。


1714.jpg

雪ちゃんも、満足した?



明日からは子どもたちの部活が始まる。

今回は一泊だけの短い帰省だった。

のワリにはいろんなコトがあった。

帰りは名神高速にのって、4時間で名古屋に着いた。

早いときは1時間半で帰れることもあるから、

これでも時間がかかったほうだ。

我が家に帰ってきて


1715.jpg

雪ちゃん、爆睡。

1716.jpg

たくさん走ったけど、肉球はまだやわらかくて真っ黒だね。

おじいさんになったボクの肉球は、色がうすくてちょっとカサカサしていたよ。





   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村

   

お盆休みなので、父の実家のある京都へ帰省を試みた。

ものの、悪天候によりエライ目にあった。(これって名古屋弁?)



前回帰省したのは、ボクが旅立つ4日前の

4月だったから、4ヵ月半ぶり。

祖父母は孫たちはもちろん、雪ちゃんに会えるのを

楽しみにしている。

ボクにはもう会えないんだけどね。



前日から関西地方は、とんでもない雨が降っていたらしく

ティクレアさんに

  車で移動なら、気をつけてね。

といわれていたにもかかわらず

8時半に車で名古屋を出発したら

16SA 新名神の土山SAで(雪ちゃん頭ペッタンコ)

16出よ いきなり高速からおろされた。(命令形で) 

16土山 目的地は京都の宇治。ここはまだ滋賀県。

16頭下げ ていねいに頭下げてくれるんだけど


16つまり 出口も渋滞していてにっちもさっちもどうにも・・・



父はこういう状況でかならずボヤく。


ふだんはかなり温厚な部類の人間だが、

ハンドルを握ると人格が変わり、かなりヤサグレた感じになる。



  出ろって言われても、出れねーんだよ。

  オレだってサッサと出たいんだよ。

  でも、車つまってて前にススメねーんだよ。




おまけに、京滋バイパスもトンネルが土砂でどうにかなって

通行止めとなり、

16青空


こんなに青空なのに、高速は雨のため通行止めという

理不尽さに、納得いかない気持ち満載のまま

家族を乗せた車は、仕方なく大津市内へと向かう。



この時点でもうお昼の時間。



最近父がiPhoneを入手した。(今ごろ・・・)

でも、全員がうまく使いこなせない。

昨夜、家族は雪ちゃんを連れて入れるお店を

Siriで検索していたのだが、

もう、こっけいなほど四苦八苦。



 宇治市のドッグカフェを調べてください。

って言ってるのに、

 富士氏の道具カフェを検索します。

とか

  バンドカフェなら検索できますよ。

とか、トンチンカンなことこの上ない。


イラついた長女が、iPhoneにむかって

  バカ!

と叫んだら、

 ○○(父の名、呼び捨て)、最善を尽くしているんです。

とお涙頂戴を演じたりする。

もう一回

  バカ!!

となじったら、今度は

  ○○(父の名、呼び捨て)、私には「バカ」が理解できません。

とうそぶいた。


オマエは何人だ?と襟首をつかんで首をガクガクしたくなるほど

妙なイントネーションでこたえるから、さらに人を怒らせる。



てなわけで、だれもSiriに頼ろうとはせず

最初から無難なWEB検索をした。

ありましたよ。

cafe&restハウス TUKUHIKO というレストラン。

裏庭にあるテラス席ならワンコOKということでお願いした。



1601.png

こーんな素敵な小路を通ってテラス席へ

1602.png 父、くしゃみ中

夏真っ盛りの昼日中、ふつうの人々は冷房の効いた店内に座るから

テラス席はうちの家族が独占。




1613.jpg ハイヨ、いらっしゃい
店の飼い猫。看板猫のくせに、凄みアリ。


1604.jpg 
雪ちゃん、気づかず接近中。


1605.jpgハッ


1606.jpg ねこ、コワイ・・・


1607.jpg まだにらんでる・・・コワイ




お次は コワモテのオジサンと

なんたらかんたらハウンド(一発では覚えられなかった、かなり珍しい犬種)

のコンビ登場。

1608.jpg また、なんか来た・・・

オジサン、いわく

  この犬、噛んだことないよ!大丈夫だよ!

でも、雪ちゃんは

1609.jpgぎょえ~!

白目むいて、腰砕け。 

1610.jpg オジサンの顔もコワカッタノ・・・

齢6歳のあねさんハウンド、退場。



1611.jpg アヒルにはアイサツできる・・・


あ、雪ちゃん、それ 置物だから。アイサツいらないから。


1612.jpg  シッテマス~ゥ




ここは琵琶湖のすぐ近く。

まだまだ、京都までの道のりは遠かった。


余談だが、母は帰省に際して

ボクの初盆ということで、

ボクの骨壷を一緒に連れて行こうかと思案していたが、

思いとどまったようだ。

それで、正解。

ボクのココロは自由に動けるから大丈夫、

京都にもちゃんとついていくよん。





   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村





 



 




お盆休みですか?

うちは全面的にお盆休み期間に突入しました。

父の会社も、子どもたちの部活も、母の教室も

むこう一週間は完全にお休みです。

人の出入りがないので、家中が

こころなしかだらけた雰囲気となっています。

雪ちゃんがまだ幼いので、泊まりの旅行はやめておこう

ということで、今年はリゾートライフをエンジョイすることはできません。

昨年も一昨年も子どもたちの受験を控えていたし

ボクの体調も悪かったので、遠出はできませんでした。

ボクが4月に他界して、新しい犬を迎えるつもりもまったくなかったときに

夏休みには伊勢志摩へ繰り出して、

伊勢海老とアワビを食べまくるという企画で

お宿も予約していたのですが、

6月に雪ちゃんを迎えて、

母の指令により、父は速攻お宿の予約をキャンセルしていました。



では、盆だろうが正月だろうが(まだ経験していない)

おかまいなしに連日ダラダラしている

雪ちゃんの様子です。


12ゴロ動画
 
 ゴロ、ゴロ、クチャ、クチャ。

ガムを食べるのも仰向けに寝転がったままで。



そんな怠惰な雪ちゃんばかりお見せするのも

なんなので、

早朝散歩の風景。

6時前、まず近所の公園へと向かう。

フレンチブルを連れたオジサンに必ず会える。

10回以上会っているので、

飼い主同士は目礼する仲である。

しかし、犬同士が50メートル以上近寄ることはない。

雪ちゃんはいっこうにかまわないのだが、

ブルちゃんがおこりんぼらしく

雪ちゃんが近づくと、

オジサンがブルをひきずって逃げる。

12ブランコ

ブルが用をたしたあと、

オジサンは公園のベンチにブルを立たせて、

ブラッシングをするのが日課だ。

たまにブルがうなり、オジサンが一喝する。

右端に写るブランコ少年。

夏休みに入り、彼も常連の一人に加わった。

この公園では6時半からラジオ体操が行なわれる。

次女の日記にも書いてあった。

体操開始までには、まだ30分以上あるのに

毎朝早目にやってきて、ずっとブランコをこいでいる。


遠巻きにして、雪ちゃんはブルのブラッシングを見学する。


12ブル

 おっと、雪ちゃんの熱い視線に気づいたか?ブルが振り向いた。


100メートルくらい離れた場所からカメラをむけたにもかかわらず

気づかれた。さすがだ。(何かが)

飽きたら、広い歩道へ移動する。

早朝にもかかわらず、(早朝だから?)

たくさんの人が走ったり歩いたりしている。

雪ちゃんは、とにかくなんでもジッと見る。

散歩中にむこうの方に人の姿が見えると

その場にオスワリをして、ジッと見つめる。

近づいてきて遠ざかるまで、ジッと見つめ続ける。

あんまり見つめられるから

たいていの人がひとことふたこと声をかけてくれる。

  

  まぁ、かわいい。

とか

  めずらしい毛色だねぇ。


とか、あたりさわりのないことを言われるのがフツウだが、

昨日行き合ったオバサンは、雪ちゃんを見るなり足を止めて


  ライオンの子ども?


とたずねた。

母が一瞬返答につまったので、オバサン自ら


  ・・・みたいな。

と、付け加えた。


  プードルの小犬です。毛が伸びちゃって・・・。


と、こたえると

  
  まぁ、これはこれでかわいいわ。


と、ひとこと残して去って行った。


12おばさん


めったに感情をあらわにしない雪ちゃんだが、

このときは

12なに

 なに、あのオバサン。

みたいな表情でにらんでいた。


次に見つめたのは

女性二人組みの市民ランナー。

本格的ないでたちで、かなりのスピードで通り過ぎる。


12ランナー拡大


一瞬のうちに遠ざかり、よく見えない。


12ランナー

 お疲れ様でゴザイマス。

ていねいにお見送りする雪ちゃん。



気のすむまで人間観察をしたあと、

ふたたび公園へもどる。

その時間には、2頭の黒ラブを連れた夫婦に会うことが多い。


12黒ラブ

しかし、この黒ラブたちは

雪ちゃんが視界に入るやいなや

とたんに息が荒くなって制御不能状態となるので、

挨拶する間もなく、回れ右をして

これまた飼い主にひきずられて消え去ってしまう。

ちょっと悲しい。

ダンナさんよりも奥さんの方が先に雪ちゃんに気づくのが常で、

奥さんが人差し指を立てて、クルリと指先を回すと

ダンナさんは素直にコマンドに従うように

進路を変える。

いつの日か、フレンチブルや黒ラブちゃんたちと

お近づきになって、

共に楽しく公園を駆け回ってみたいものだ。

もちろん、リードはつけたままでね。


公園ネタは次回に続きます。





   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村



  







この間の日曜日、

家族全員 + 雪ちゃん

で、こじゃれたドッグカフェへランチしに行った。


おとなりの席には、

小柄なトイプーちゃん。


10あいさつ



あまりに小さいので、パピーかと思ってたずねてみたら

おっと、びっくり、おどろきの7歳。

近頃、雪ちゃんより年上だけど

雪ちゃんより小柄なお姉さんばかりに

お目にかかる。


4ヶ月にして2.4キロ超えの雪ちゃん、

大柄女子めざして たくましく成長中。

弟のフルールくんも妹のアンちゃんも、そろって2.4キロ。

フードの種類も量もちがうのに、同じ体重。

遺伝子?

フルールくん、5キロになると獣医さんに

予言された。

でも、お父さんとお母さんは3キロ台。






デザートのケーキを



10ケーキ1 見る。




10ケーキ2 じっと見る。




10ケーキ3 ガン見。












さて、唐突ですが 雪ちゃんの百面相をどうぞ。




10あは 

 エヘ、アハ。







 次。






10ずん動画

ずん、
ずん、ずん。






 もういっちょ。






10あっち動画

 あっち向いて、ホイ!




 お粗末さまでした。




   雪ちゃん、ランキングに参加しています
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村

まぁ、この写真を見て下さい。

09gin.png

ボクの右手。

痛々しいでしょう?

ボクが旅立つ一ヶ月ほど前だったろうか、

親指の爪がスッポリ抜けてしまって

人生最後の大ケガをしてしまった。

人生最大の大ケガは、骨折だったが、

あれは生まれて数ヶ月のとき。

この写真のケガは15歳のとき。

人生の始まりと締めくくり、

それぞれのときに、ボクは大きなケガをしている。


どうして爪にケガをしてしまったかというと、

ボクが、かんしゃくをおこしたからだ。

どうしてかんしゃくをおこしたかというと、

家族が相手をしてくれなかったからだ。

なぜ家族がボクの相手をしてくれなかったかというと、

みんな忙しかったからなんだけど。


ボクは、晩年気の向くままにワンワン吠えていた。

父が帰宅して、夕飯を食べ始めるときとか。

母が家事を終えて、ソファに座った瞬間とか。

どうも間が悪いときに吠えたくなって、

家族は迷惑だったと思う。

あの時も、急にかまってもらいたくなって

しつこくワンワン吠えていたのだが、

家族全員がダイニングテーブルに座って

新聞を読むとか、スケジュールを確認するとか、

それぞれがなにかしらやることがあって、

ふだんなら根負けした誰かが(たいていは父だった)ボクに


  銀ちゃん、なに?


とたずねてくれるんだけど、

あの時は、無視されたような気がして

無性に腹がたって、

近くにあったパーティションに八つ当たりして


  ガリ、ガリ、ガリ!!


と爪で引っかいたその時、

ボクの親指の爪が

パーティションにひっかかって

ボクは

  
  ぎゃいん!



と大きな声で鳴いて、

背中をまるめてしっぽをインしていたら

みるみるうちに右手が血で真っ赤に染まって

フローリングにボトボトって血がおちて

家族がいっせいにボクを見て

目にも止まらぬ速さで母がボクに駆け寄って


  どうしよう!銀ちゃんが、出血多量で死んじゃう!


と相変わらずのパニクりようで、

いつなんどきでも冷静沈着な父と辛口の長女が


  死なないって。


と冷静なコメントを残して

ボクを病院に連れて行ってくれて

このように止血処置の状態となったわけです。


長々とお付き合いありがとうございました。


母は、また爪が生えてくるかどうかをとても気にしていて

病院のセンセイによると、多分生えてこないということで、

生えるも生えないも、

それからほどなくして

ボクは魂だけの存在となってしまったわけで。

お棺に横たわるボクの右手をさすりながら、

母は生えてこなかった親指の爪のコトを思って泣いた。


ボクに災難をもたらしたパーティションだが

けっこう便利な優れモノで、

うちには同じモノが二つある。

ちょっとした目隠しにしたり、

冷気や暖気を逃さないためのついたてとして利用したり。


母がPCに向かうときに、

雪ちゃんがPCコードを噛まないように

このパーティションで通せんぼをしていたら、

09雪の手・・・・・。

下のスキマからおもちゃを差し出したり。

09.png・・・・・。

布をよけてのぞいたり。

09のぞき・・・・・。

下からのぞいたり。(雪ちゃんは、終始無言だ。)


別の日には

09雪ロープ

ロープのおもちゃをせっせと隠そうとしているのを見かけた。

まぁ、こんな使い方なら問題はない。



雪ちゃんは、一人遊びが上手で

甘えるタイミングもよく心得ている。

でも、一人でいるのが好きなわけではなく

家族がリビングにいる間は、

いつも誰かに体の一部が触れているように

寄り添っている。



忙しい朝には、

09あやね

お弁当の用意をする次女の足元にすわって、

つかの間のふれあいを楽しんだりしている。







   雪ちゃん、ランキングに参加してみました
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村












  

ボク、銀ちゃん。

シルバーのトイプー、享年15歳。

今年の4月5日、午後4時過ぎ、

老衰に近いカタチで、息をひきとった。

2日後の午前9時ごろ、荼毘にふされ、

小さな骨壷におさまり、自宅に戻った。

今はリビングの一角にボクの仏壇コーナーが作られ、

そこから家族の様子を眺めている。

歳をとってからはリビングのソファや床の上で

居眠りばかりしていたし、

目を覚ましていても

ゴロゴロしながら家族の動きを目で追っていたから、

今も生前もあまり変わらない生活をしているわけだ。


ボクがお骨になったその日の夜9時ごろ

名古屋からは遠く離れた岡山県の地に

雪ちゃんが産声をあげた。

ボクと同じシルバーのトイプー ラナママは

初産ながらも一男三女を無事に産み落とし、

乳母犬ハナさんの助けをかりながら

4頭の子犬を全員健康に育て上げた。

ほどなくして、長男フルールくんは三重県に

長女のクッキーちゃんは島根県に新しい家族が見つかり、

次女の雪ちゃんと三女のアンちゃんは、

しばらくラナママの手元で育てられた。

そして6月17日、

雪ちゃんはボクの家族のもとにやってきた。


2、3日の間は家族に慣れなくて

クレートの中の奥のほうで丸くなって

寝てばかりいたが、

名古屋に来てから2ヶ月近くたった今では、

すっかりうちのコになって

ゴキゲンな毎日を過ごしている。



トイレトレーニングも順調で、

粗相をすることも少なくなり、

サークルからでて

家族と共にダイニングやリビングで

過ごすことが多くなった。

ボクがいつもごはんを食べていたキッチンにも

自由に出入りできるようになり、

鼻歌交じりで闊歩している。



03ふん動画
 
 フン♪ フン♪ フン♪  フッ・・・





早朝散歩で、プチちゃんというお友達もできた。


03ぷち2


プチちゃんは2歳。でも3ヶ月の雪ちゃんより小さい。

小さい頃入院していたから、社会化の時期を逃し

家族以外の人や他の犬が怖くて、近寄れないという。


03ぷち1

雪ちゃんが近づいても、思いっきり腰が引けていた。

しっぽも胴体と一体化するくらいイン。

でも、他の犬のときよりかなりマシな感触なので

  ぜひ、お友達になってね。

ということになった。




 ご近所さんのモップくんちにも遊びに行った。


03もっぷ1

 熱烈歓迎に、雪ちゃんが引き気味だったが


03もっぷ2

 オヤツをもらうとなれば、なんとか並んでオスワリはこなします。


03もっぷ3

 別れ際にはちょいと強引な仲良しショット。


 ダラダラしている雪ちゃんでも、ちょっとは活動的な一面もあるよ

 の紹介でした。






   雪ちゃん、ランキングに参加してみました
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村




最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。