上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪ちゃんの髪がけっこう伸びて

おちょんぼりもかなり大きくなり、

リボンなどのヘアアクセもしっかり留められるようになった。

そこで、いくつかご紹介。


12113001.jpg 黄土色?中心にスタッズ3粒

12113002.jpg ポップなピンク、音符柄

12113003.jpg フェルトのお花3コ、デカすぎた

12113004.jpg 清楚な紺色、おりこうさんに見せたい時に

12113005.jpg ワイン色の小花、秋にぴったり


まだまだあるよ!



さて、英会話教室の貴婦人と一時間ほどお話をした同じ日。

母は、もう一人の他人と小一時間おしゃべりをした。



近所の歯科医だ。


そこはうちの家族全員が通う歯医者で、

助手である奥さんと二人でやっているこぢんまりしたトコだ。

母はめったに治療に行くことはないし

子どもたちも中学生になり一人で行くようになったため

それこそ1年に1度会うか会わないかの間柄なので、

その歯科医は他人のカテゴリーに入れられよう。


で、母が

3日前の昼頃、ハイチュウ(マンゴー味)を

右奥歯で噛んでいたら、詰め物がポロッと外れた。

何年前に詰めたのか記憶にないほど古い銀色のそれは

ハイチュウの強力な粘着力に負けて

長年連れ添った母の奥歯に別れを告げた。


で、久しぶりにくだんの歯医者に予約を入れたわけだ。


歯科医というものは、顔の下半分を覆いつくす

巨大なマスクをつけており、

たいていは銀縁の眼鏡をかけていて、

どことなく神経質な風情を漂わせているものである。(偏見?)

ご多分にもれず、ここの歯科医もそんな感じで

歯の様子や治療についてはかなり詳しく説明してくれるが、

それ以外の話題について語り合ったことはなかった。

当たり前か。


でも、その日は助手をつとめる奥さんがいなくて

何を思ったか、彼は母が治療のイスに腰掛けるや否や

  
  最近、焦りを感じません?

  多分、同世代だと思うんですが、いや、僕よりは

  年下だとは思ってるんですけど、

  僕は昭和4?年生まれなんですが・・・



と、一気にプライベートな話題をストレートに投げかけてきた。


  あ、同い年です。私も昭和4?年生まれなんで。


と、母が返したとたん

彼の母に対する距離が一気に縮まった。

実際、ぐぐっと前のめりに近づいたので

母はイスの上でのけぞった。



以下、その歯科医のセリフの抜粋。要点のみ。

( )内は母の返答もしくは、心のうちの独り言。

ちなみに、質問のすべては歯科医によるものである。



  えぇ?っ同級生ですかぁ?

  いやぁー。ホントですか?偶然と言うか、すごいなぁ。


  (いっぱいいますよ、この辺にも昭和4?年生まれ。)


  最近、ドキドキすることありますか?
 
  (動悸や息切れはしませんが。)


  いや、心臓じゃなくて、トキメキのほう。


  (そっちか。ないですね。私、韓流にも興味ありませんし、
 
   かっこいい男の人はすべて息子に見えます。)


  え~っそれって寂しくないですか?

  (ないです。)




  ところで、できちゃった婚ってどう思います?

  あれって7:3くらいの割合で男が悪いと思うんですけど。


  (賛成はしませんが、時代の趨勢である意味仕方がないと思います。

   それが普通の時代になれば、子どもたちを責めることはできません。)




  そうですかー。僕は息子がそうなったら抵抗あるなぁ。


  (太古の昔から、人間の歴史ってそういうものだと思うので。

   私たちが戦前の大人たちから見れば、変わったと思われるように

   抵抗感を示す人たちが減っていき、やがて当たり前になる。

   政治と同じように。ダメだと思っていても、

   なんとなくそうなっていってしまう感じで。)




   不倫は文化だっていった芸能人がいますが、

   あれも、抵抗ありますね。

   平安時代には公然とできたわけですが、今の時代

   人にわからないように、迷惑をかけないようにっていうのが

   大切だと思うんですよ。そう思いません?


   (???平安時代には当たり前だったのが、

    今は許されないというのも時代の流れだと思います。

    なんか、わけわからん。質問のこたえになってない。まぁ、いいか。)





同い年とはいえ、学生時代に同じ学校に通った可能性はゼロ。

同級生ならまだしも、他人である男の人となぜこんな議題について

話し合っているのだろう?

まるでインタビューか採用試験の面接のようだ。

まじめに答えてしまうじゃぁないですか。


いつになったら治療がはじまるのだろう?


そもそもこの人、顔は同じだけどほんとに

いつもの歯科医だろうか?


母の頭は疑問符でいっぱいになりながらも、

とにかく詰め物を元に戻してもらえることを

願うのみであった。

続く。





     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー


スポンサーサイト

そして、前回の続き。


初めてのレッスン日だけは、場所を教えるために

母が車で送って行った。


その日はちょうど東京から母の中高時代の友人が

遊びに来ていたので、一緒に車に乗っていたのだが

ガラス張りの玄関の扉の向こうをチラリと覗いて、


  ちょっと、ナニあれー!

  肖像画が飾ってあるがー!


  (注:飾ってあるよー!すご過ぎない?ってとこか。
     がーは、眼前の状況に対する驚きを表すときに用いられる。)


と、思わず名古屋弁丸出しで叫んでいた。



その日の貴婦人の服装は、

フェルトのお帽子にグラサン。そして、ロングコート。(注・室内)



母が入会金を入れて糊付けしておいた封筒を


  お確かめください。


と、差し出したところ


  ハサミがなくてあけられないわ。

  あけて。



と、貴婦人がちょっと甘えた。


あぁ、このかんじ。母の友人・セレブのMさんにそっくり~。


母はその場でチャチャッと封筒をあけた。


貴婦人はろくに確かめもせず、


  確かに。


と、こたえた。



子どもたちはあまりに広いそのスペースで

スリッパに履き替えることをすすめられ

右往左往している。

長女・次女ともに 顔に薄ら笑いを浮かべ

とまどいながらもあきらかにワクワクしている。


無事はじめてのレッスンを終えて帰宅した子どもたち。


  すごい!あの人、絶対有名人に違いない!

  ネットで調べてみる~


と、英会話レッスンには全く関係のないトコに食いついた。



驚いたことに、ほんとに有名なセレブだった。

ベルサイユ宮殿を借りて写真撮影をした、とか

パリの三越を借り切って買い物した、とか。


中でもいちばん驚いたのが、

マリーアントワネットの座ったイスやら

ナポレオンの執務机やらを愛用されているということ。


あ~ビックリした。



で、肝心のレッスンはどうだったかというと


 メンバーはうちの姉妹(中1・中2)と

 知らない姉弟(高1と中1)と中2の5人。

 先生は、顔は完全日本人、でも、日本語はカタコト。

 lightをテンキと言うもんだから

 生徒たち大混乱。


だったそうで。


 名前は早口すぎて聞き取り不能。

 初日はチームに分かれて

 先生の出したお題を絵に描いて

 当てるゲームをした。



ところ、次女の書いたバスの絵が

12112701.jpg コレだった

ため、辛口長女が


  なんで、バスの車輪がみっつもあるの!!


と、日本語で妹を罵倒したらしい。



高2のお姉さんが与えられたお題は


  TSURUMAI STATION (注・鶴舞駅、名古屋のローカル駅)


彼女も、


 ムリムリ。


と、顔の前で手を振りジェスチャーだけは欧米風に

思い切り日本語で答えたらしい。



毎回、先生と貴婦人がらみのおもしろいネタを仕入れてくる。

英会話が上達するかどうかは今のところ不明だが、

楽しいひと時を過ごせるのはいいことだ。



本日も、締めは犬の写真で。



12112702.jpg マヌケヅラ雪ちゃん

12112703.jpg 穏やかな表情の雪ちゃん

12112705.jpg ちょっと目がきつくなった雪ちゃん

12112706.jpg もはや悪人ヅラ


いやん。




追記:

つい先ほど、貴婦人から電話があった。

今週末に、英語のテストをしたいという連絡だった。

話が弾み、貴婦人と母は

そのまま一時間ほどおしゃべりをしていた。

話題は、

英語教育の問題点・ホームステイと留学について思うこと

名古屋の私立中学事情・育児について

などなど多岐にわたったが、

驚いたのは、

貴婦人が母の出身校を当てたこと。


  先日一度お会いしただけで、
 
  そうだろうな、と思っていましたのよ。


母は、系列大学に進まなかったので、

出身高校を言い当てられることはまず無い。

そうは言っても、貴婦人によると、


  中学・高校を過ごされただけでわかります。

 
だそうで。

なにか、匂うものがあるのだろうか?

名古屋ってせまい。

河村市長の出身校もバレバレ。



そして、


  テレビ出演が決まっているので、

  そちらをご覧いただければ、私が何者かがわかります。



と、番組名を教えてくれた。

いったい何者?

家族一同、放映日を楽しみにしている。



     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

毎週土曜日の夜、

子どもたちが英会話教室に通うことになった。


これからの時代、いろんな意味で英会話ができることは必須

と、痛感している親が勝手に申し込んだ。



NPO法人の英会話スクールのため?

年間授業料は無料。

入会金と毎月の施設使用料のみで

1年間レッスンを受けられる。

講師はネィティブスピーカーでグループレッスン。

定員も決まっており、申し込み期限も迫っていたので、

母が急いで電話で問い合わせた。


電話に出たのは、

その話しぶりからもそれとわかる

かなり上品な女性。

年のころは不明だが、母よりも上であることは

間違いないだろう。


電話をしたのが午後6時半だったのだが、

近所であることを告げると

すぐに申し込みに来て欲しいとのコト。


  もう真暗なのでわからないかもしれませんが、

  外壁はピンク色で、ライオンの噴水のある3階建てのビルです。



そんなに遠くはないし、

あちらの都合もあるのだろうと思った母は

ヒラリと自転車にまたがり


  ライオンズマンション?


と勝手に思い込んで 夜の街を駆け抜け

ピンクの建物目指してペダルをこいだ。


5分くらい走って、その建物にたどりつくと

美しい女性が、入り口の扉の前で母を待っていた。


  ようこそ。


と、ガラス張りの扉が開かれ、その玄関に一歩足を踏み入れて

ビックリ仰天!!!


  ここは、ベルサイユ宮殿?


玄関を入ったところのスペースだけでも

うちのリビングくらいの広さはある。

スリッパに履き替えるだけのために、

なんでこんな広さが必要なのだ?


  コチラへどうぞ。


と、迎え入れられたお部屋に入って

二度ビックリ!!!


ロココ調のソファ(よく知らんけど)に

わけわからんほど凝ったつくりの執務机。


その女性のいでたちが、これまたスゴイ。

室内であるが、上品なお帽子に

濃い色目のサングラス?

そして、ロングドレス。

言葉遣いが、庶民のそれとはかけ離れている。

でも、日本人であることに間違いない。


一通りの説明を受けたのだが、

中でも印象的だったのは、


  メルボルン校の授業料も無料です。


というひとこと。


  メルボルンってオーストラリアの?

  どうやってそこまで行って授業をうけるのだろう・・・

  来月は、メルボルンでレッスンです、なんちって。

  


母は、そこのところは深く突っ込まずにスルーした。



帰宅して家族に、摩訶不思議な体験を話した。

自分たちのあずかり知らぬところで英会話スクールに

通うことになったことを知った子どもたちは

ちょっとイヤそうな顔をしていたが、

主催者である貴婦人に興味を持ち、

とりあえず通ってみることにしたようだ。



続きはまた今度。



まったく関係ありませんが、

ボクと雪ちゃんの写真でもご覧下さい。



12112601.jpg ボクにお似合いの一着



12112605.jpg 今は雪ちゃんが着ている



12112602.jpg

 ボクのサークル。実はストーブガード。今は雪ちゃんが使っている。




12112604.png

 歩行器に乗る長女を見守るボク。よくひかれそうになった。



12112603.png 

 ソファでくつろぐボク。子どもたちがこんなだったから、ボクのほうが落ち着いていた。

  


それでは、また。






     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

長女が、学園祭の前夜祭のクラス対抗ダンス大会?

かなんかのために作った迷彩柄パンツの布が余っていたので、


12112501.png 左・長女 右・次女



ハギレを母がもらって

雪ちゃんのパンツを作った。



これまでとはちょっとテイストが違って

ハードな感じ。


12112503.jpg アタイにかかわると、ヤケドするよ


気の強い女・雪 にはちょうどいいか。


えー、今回のこだわりポイントは

12112512.jpg どれどれ


雪ちゃん、どいて。



ポイントは、フラップポケット。

左右どちらにもつけたよ。

犬がポケット使うこともないか

ってことで、

このポケットは開かずの間、みたいな

単なるアップリケ。


いつものテープスナップもついてるので、

トップスにしっかりくっついて

ずり落ちない。


12112513.jpg


おなじみのタグはおしりのポケットに。

12112504.jpg ここです




まったく伸びない素材で

これ以上成長することもないかってことで、

大きめはやめて

ジャストサイズに作ったので、多少


12112505.jpg 座りにくい



けど、

それほど問題もないようだ。


12112506.jpg サッと立てるよ




シッポもちゃんとでる。

でなかったら困る。


12112507.jpg ホラね







雪ちゃん、おもしろい顔して。

12112508.jpg カーッ!



他の、ない?



12112509.jpg あはん






うーん・・・もういいや。



12112510.jpg ・・・・・・。




あ、ごめんね。

気ぃ悪くした?



12112511.jpg クレートに戻って寝ます



猫背はやめて。



そういえば、

子どもたちが夏休みに書いた理科のレポートを

ひがしやま動物病院のセンセイにプレゼントしたのだが、

病院のブログで紹介されていた。 →コチラ



     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

前回のトリミングから一ヶ月ほど。

みごとにボッサボサのモサリーノになりました。


雪ちゃんはシャンプー嫌いのため、

子どものうちは家では洗わずに

プロに任せようってコトで、

一ヶ月もたつと、そこはかとなくただよう

雪ちゃんのかおり。



次女が言うには、

 
 雪、くっさー。

 くさったポップコーンのにおいがする!


そうで。 


12112401.jpg ポップコーンはくさりません



たしかに。

ふつうの塩味のポップコーンのような

香ばしいにおいがする。

犬からそのにおいがすると、ちょっと気持ち悪い。

キャラメル味よりはましか。


 とてつもなく余談になるが、
 
 母の中高時代、

 冬になると教室にはアラジンストーブが置かれていたそうだ。

 母達はそのストーブの上で、ポップコーンを作ったり

 餅を焼いたりしていた。

 休み時間になると、ポップコーンのはじける音や

 餅の焼けるいいにおいが廊下までもれてくる。

 先生たちは黙認していたが、

 母が高校2年生、一番後ろの席に座っていたときに

 休み時間に焼きあがらなかった餅を

 古典の授業中にひっくり返していたら

 餅を焼くアミを没収された。


 後年、教育実習で母校に戻ったとき

 その古典の先生に廊下でバッタリ再会して


   あーっこの子!私の授業中にお餅を焼いてた子だ!



 と指をさされた。


   あの時、私まだ新任だったし、職員室で泣いたんだからね!


 スミマセン・・・


 ポップコーンのにおいと共に思いだされる苦い記憶。

 


ちなみにボクは、無臭の男だった。



話は戻って、

前回までは

ちょいと短足気味の雪ちゃんのスタイルが良く見えるように

太め長めのブーツカットにしてくれていたのだが、

12112403.png 今まではこんなカンジ




冬になり、長袖の服やズボンを着ると

毛がからまりやすいので、

足の付け根を前よりも短くカットしてもらった。

12112402.png 今回はちょっとスッキリ



全体的に黒毛が減りシルバー度合いがアップしたように見えるが、

まだまだ背中のラインは黒っぽい。

ボクのようなプラチナシルバーにはならないかも。

でも、足の毛はかなりプラチナ。

12112404.jpg



髪はツートンカラー。

12112405.jpg フン

12112406.jpg どう?



すっきりしたのはいいのだが、

近ごろかなり強気の雪ちゃん。


トリミングスタジオLさんとこの

かれん営業部長が父に擦り寄ると、

12112409.png アタシのオトウサンだからね


父をゆずってあげる余裕を見せたりして

オトナの女を演じたりもするが、

12112410.jpg 貸してあげる


態度はかなりデカイ。

12112408.jpg カーッ



雪ちゃん、いつか痛い目にあうよ!

12112411.jpg どうだか


この間フルールくんのママにも


  雪ちゃん、変わったねぇ。


と言われたし、


今日もLさんに言われたぞ。


  銀ちゃんのほうが、よっぽど扱いやすかった!


えー!?ボクはかなりのガウガウ犬だったんだけど。

そのボクをしのぐとは、かなりの大物。


雪ちゃん、とにかくじっとしていないらしい。

シャンプー中に脱走しようとするし、

顔バリ中に顔をそむけるし、

Lさんとこのトイプーたちと遊びたくてチャカチャカ動く。


  噛む犬と落ち着きのない犬どっちがいい?


フツウの犬がいいんですけど。


それにしても、周囲の人みんなが雪ちゃんの変貌ぶりに

驚くやらあきれるやら。


無口で微動だにしなかった

ぬいぐるみのような雪ちゃんが

今ではなつかしい。






     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

雪ちゃんは、夜10時には寝て

朝8時頃に起床というサイクルで

日々過ごしている。

日中も、クレートに入ってのんびりダラダラしていることが多く、

長女によると、


  晩年の銀より寝てる時間が長い!

  若い犬とは思えない!


そうだ。

なので、本日は 


  そうでもないよ。

  運動もしているよ。


っていう雪ちゃんの姿を見ていただこう。


公園にて。


  12112301.jpg 軽やかに歩くワタシ


12112302.jpg 元気に駆けるワタシ



カラスを見つけたときは、

12112303.jpg 座ってゆっくり眺めるワタシ



自宅にて。


二足歩行の得意な雪ちゃん。

長女のタッチタッチの掛け声で

12112302.gif スト・ト・ト・トッ


もういっちょ。


12112301.gif スタ・タ・タ・タッ


ま、こんな程度ですが

寝て暮らしているわけでもないっていうことで。



どうですかね。


12112312.jpg 疲れたので休憩しマス



だよね。



     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

雪ちゃんの耳の毛がずいぶん伸びたので

母がスヌードを作ってやった。

記憶スケッチのように

なんとなくあやふやなまま作ったら

子供用ヘアバンド?みたいになっちゃって

雪ちゃんが着用すると

ほっかむりしたオバサンみたいになった。

12112101.jpg 


次女が

  給食のおばさんみたい~ ギャハハ

と笑った。


でも、まったく嫌がることなく

あたりまえのようにこれをつけて食事をする雪ちゃん。



さて、食事の時間。

恒例のオスワリ!から。


12112102.jpg ハイ


とおっ!! 

まあいいや。フセ!

12112103.jpg ハイ

・・・・・・・。

もうちょっと、こっちに寄って。

12112104.jpg ハイ


なんかなぁ。

だるまさんがころんだ みたいに

一歩ずつ近寄る。

しかも、横向いてるし。



今日はドライフードにミルクをふりかけたから

フセ!もした雪ちゃん。


ミルクをお湯で溶かして匂いが増すと

タッチクルンやツイテツイテもやる。


ごはんのグレードにより、従うコマンドの数も決まっているらしい。



  じゃぁ、食べていいよ。ヨシ!


母もしつこく芸を要求するのはやめたようだ。

雪ちゃんの勝ち。


12112105.jpg ヨシッて言ったね


その目つきやめなさい。


12112106.jpg イタダキマス


12112107.jpg ガツガツ


12112108.jpg ミルクついてるよ


12112109.jpg なめます


12112110.jpg お皿もキレイに


12112111.jpg まわりもキレイに


12112112.jpg 床もなめて


12112113.jpg ピカピカ


121112114.jpg お水飲んで


 この給水器、ボクが生前ぶっこわしました。

 ゴムで補強しないと、飲んでる最中に突然

 ペットボトルがはずれて落っこちて

 心臓が止まりそうになる。



12112115.jpg ごちそうさまデシタ~




よく食べました。

はい、ハミガキとブラッシングね。


12112116.jpg ゲッ


そして、母と雪ちゃんのキョリは縮まることはないのであった。


     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

新しく作ってもらった女の子らしいお洋服に身をつつみ

雪ちゃんの出かけた先は、

いつもの星が丘テラス。

弟のフルールくん、フルール君の兄のマロンくん(先住犬)、

ルアちゃん、モップくんと遊ぶため。


モップくんはご近所の幼なじみで歳も近い。

フルールくんは実の弟。

ルアちゃんはママ大好きで犬は苦手。


今回雪ちゃんが目をつけたのは・・・。

12111902.jpg 視線の先にはマロンくん

フルールくんの兄のマロンくん。

今までも何度か会ったことはあるけれど、

その時はまだ子どもだった雪ちゃん。

思春期を迎えて、異性が気になるお年頃。

あらためてマロンくんを見てみたら、

12111903.jpg ステキ・・・

その存在が、どうにも気になって仕方ない。

マロンくんは基本的に子どもがキライ。

長年一人っ子としてかわいがられていたところへ

新参者のフルールくんが家族として仲間入り。

ハイパーフルールくんがうっとうしくて

必然的に姉弟関係にある雪ちゃんもあんまり好きではなかったが、

熱い視線に気おされたか。



雪ちゃんの存在にようやく気づき、

12111904.jpg



やさしく寄り添ってくれたりなんかしちゃったりして。

12111905.jpg マロンくん・・・




マロンくんを見つめているところへ

モップくん乱入。

12111906.jpg ちょ、ナニ?



雪ちゃんの気持なんておかまいなしに

遊びに誘うモップくん。

12111907.jpg 私は、マロンくんと・・・



乙女心をわかってくれないモップくんに

雪ちゃんの怒り炸裂。

12111908.jpg カーッ!!



毛色も同じでサイズも大きめ同士の男の子たち。

雪ちゃんにとって、どこに違いがあるのだろう?

12111911.jpg  オトナの男、マロン

12111912.jpg まだまだ子ども、モップ


やはり、齢を重ねたオトナの落ち着き?

意外とシブ好みだった雪ちゃん、12歳。




実弟フルールくんとも仲良しなんだけどね。

フルールくん、スキを狙っては雪ちゃんにのっかろうとする。


121119.jpg


去勢済みと避妊済み。

なんたって雪ちゃん、姉ですから。

12111909.jpg


フルールくんは手足と首とマズルがとっても長い、

スタイル抜群の男の子。

ただいまおしりパンツ育成中。

12111910.jpg セクシーなおしりでしょ



さて、雪ちゃんの淡い初恋の行方は?


母の初恋の人は、バビル2世。


     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

昨日は雪ちゃんの部屋着を披露いたしましたが、

本日はお出かけ着をご紹介。



オフホワイトのセーターに

モアレ柄のモーヴピンクのフレアスカート。

12111606.jpgせっかくだから着てやるか



スタッズを貼り付けたクリップピンで前髪もオシャレに。

12111607.jpgキラキラです



ポイントは背中の上品なリボン。

12111608.jpg



そして、袖口にはのびーる素材のフリル。

12111609.jpg



胸元にも幅広のリボンをあしらった。

12111610.jpg





撮影はスムーズに進み、ちゃんとポーズを決める雪ちゃん。

12111613.jpg



母が、

  ハイ、いいよ。

とOKの合図をだしたら

さっそくギャラのオヤツをおねだり。

12111611.jpgハヤクゥ~



オヤツをその場で食べて、ササッと後ずさり。

12111612.jpgもう終わったよね?好きにしていいでしょ




雪ちゃん、このお洋服を着てどこへ出かけたかというと

弟のフルール君に会いに行きました。

12111614.png ラブラブ






     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

ここのところ、朝晩はグッと冷え込むようになった。

春生まれの雪ちゃん、どうやら寒がりらしい。

そろそろ床暖でもつけるか、と母がつぶやいたのと同じ日に

雪ちゃん、ブルブル小刻みに震えていた。


夜は早々にファーベットを敷いたクレートにもぐりこみ

朝は部屋が暖まったころに、ようやくクレートからはい出す。

朝イチで、部屋の空気がまだ冷えている間は

何度呼んでも出てこない。目は覚めているくせに。



それで、母はあったかいルームウェアを作ってやった。

ファー素材は切ったり縫ったりする間に毛が抜けて

床に落ちたり母の洋服にひっついたりして扱いにくい。

でも、寒がりの雪ちゃんのために布を買いに行って、型紙をおこして

せっせと仕上げた。

実は作るのが楽しくて好きなだけなんだけど。

12111601.jpg満足デス



腰の部分にポケットをつけて、あたたかさ倍増。

12111602.jpgモコモコです




毛がもつれないように、裏の全面はコットンにした。ピンクの小花柄。

フードの裏がチラリとのぞいて、カワイイかも。

12111603.jpg首周りもあったかいデス



もちろん、タグも。

12111604.jpgトレードマークです




母と雪ちゃんの冷戦状態はあいかわらず。

でも、洋服は作る。

雪ちゃんも嫌がらずに着る。

12111605.jpg一応アリガトウ





ごはんをあげるときに、

オスワリ、お手、オカワリ、フセ

タッチクルン、ツイテツイテ

マテ!カム!

と、いろんな芸を披露させられて辟易気味の雪ちゃん。


フセは面倒くさいからやらないことにして、

横向いてフンってしてたら

母がごはんのお皿を取り上げた。

雪ちゃんも負けずに、じゃぁいらないよ!

ってことになって、どっちもどっちだな。


ヘソ曲げた母が、雪ちゃんのごはんタイムを中断して

人間の朝食の後片付けをしている間に、

父が雪ちゃんにごはんをあげちゃった。



母、憤慨。

ますます雪ちゃん父を好きになる。

ていうか、雪ちゃんは父をいいように利用しているフシがある。

12111615.jpg男なんてチョロイもんよ



父は自分の娘たちには結構 厳しいくせに

雪ちゃんには甘い。



ちゃんとしつけをしたい母は、そんな父にも腹をたてている。

だって、いちばん雪ちゃんを抱っこしてかわいがりたいのは

母なんだから。



オカアサンも雪ちゃんも、早く仲直りしなよ~。




     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

11月7日、雪ちゃんは生後7ヶ月を迎えた。

人間で言うところの小学校6年~中1あたり。

まぁ、最近の雪ちゃんの反抗ぶりったら、

さすがのボクでもかなわない。


まず、目つき。

12110901.jpgなんか文句アル?


パピーのころは気が小さくて、

吠えたこともなくて、歯磨きも大好きで

文句なしのお嬢さんってかんじだったのに、

今では悪行の限りをつくす困ったちゃん大魔王と化した。

悪いことをして、低い声で「だめ。」と言われると、

雪ちゃんも姿勢を低くして、低くて太い声で「わん!」と言い返す。

しかも、その目つきがかなり反抗的。


長女なんて

  なに、その目。アンタなんて大っきらい!!

とマジで怒る。



母が階下の教室でレッスン中にはサークルに入れられるのだが、

ふだんはちゃんとトイレシーツで用をたすくせに

トイレシーツをビリビリに食いちぎる。


それならばと、

サークルから出してリビングで自由を満喫させていたら

ボクの形見のお座布団にオシッコをした。

次女の作ってくれたパッチワークのクッションにもオシッコをした。

ピアノのイスの下のラグにオシッコをした。

自分のファーベッドにオシッコをした。


たいてい母が第一発見者となり

無言で始末をする羽目になる。

多頭飼いじゃないから、犯人は雪ちゃんに決まっているものの

現行犯でもないので雪ちゃんをしかりつけることもできない。

もともと雪ちゃんはビビリだから

叱らずにほめて育てることに徹していたので

どっちにしたって大きな声で叱ることはないんだけど。



でも、家族が一緒にいるときには絶対にそんなことはしない。

腹いせ?


さらに最近では柱とテーブルの脚をかじるようになった。

トホホ。


12110902.jpg叱れるものなら叱ってみなヨ


しかも、である。

毛もずいぶん伸びたし、永久歯に生え変わったし

涙やけもあるしで

ブラッシング、歯磨き、涙やけの処置にと

朝晩小一時間かけて母が世話をするようになったら、

雪ちゃんが母を避けるようになってしまったのだ!

ついこの間までは、つねに母のあとをくっついて歩いて

母のスリッパの上でお昼寝をする雪ちゃんだったのに

母が手を伸ばすと、すっとよけるか後ずさりする。



そして、代わりにといっちゃ何だが、

その分 父に密着することが多くなった。



父のひざの上で一緒にテレビを見て(背後にボクの写真)

12110906.pngミステリードラマです



反対側に座る母を、勝ち誇ったようなまなざしで見つめる。

12110907.jpgフフン


母は、のだめ のように

  ムキーッ

と叫んで悔しがった。


12110908.jpgうるせーんだヨ




さらには、父の腕枕で寝たりもする。

12110912.jpgオトウサーン



ぴったり寄り添って。

12110904.png二人だけにシテ


12110905.jpg見てんじゃねーヨ


そんなこんなで、母と雪ちゃんの間に微妙なキョリが。

思えば長女が中1の頃もこんな感じだった。

女同士。難しいお年頃。母と祖母だってそうだった。

歴史は繰り返す、みたいな。


とはいえ、雪ちゃんがそばにいてくれないと寂しくて

ココロに隙間風が吹いちゃいそうな気分の母は、

にせ銀に着せていたボクの形見のお洋服を脱がせて

雪ちゃんに着せてみた。


ちょっと大きかった。

12110909.jpgあったかい~




微妙な距離を保ちつつ、母の前を歩く雪ちゃん。

12110910.jpgのっしのっし


深まりゆく秋。

12110911.jpg

母の寂しさもつのる。


母が久しぶりにボクの夢を見た。


15cm四方くらいに小さくまとまったシルバーのトイプードル。

赤ちゃんというわけではなくて、

脚が長くて胴のつまったスクエアのプードルだ。

よく見ると顔はボクとはちがうけれど、

ボク愛用の水色のポロシャツを着ている。

母は姿は違っても、その犬がボクだとわかっている。

あまりにも小さい犬なので、大切に大切に扱う。

はかなげで、それほど長くは生きられないということも

わかっていて、夢の中で母はボクを抱きしめて、

  銀ちゃん。

とボクの名を呼んだ。


朝起きて、母は雪ちゃんをギュッと抱きしめた。




     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー

昨日11月1日は、父の誕生日だった。

9月20日を皮切りに始まった家族4人分の誕生日。

ラストを飾るのは毎年父だ。当たり前か。

昨年までは、12月2日生まれのボクの誕生日が

続いたのだが、今年は祝えない。

でも、クリスマスやお正月があるから、

ケーキを食べる日はしばらく続く。


誕生日当日、父は半休をとり

アリス沙羅オットーのピアノコンサートに出かけた。

長女に付き添ってもらった。

母は夕方から夜にかけて仕事があったので、

夕飯も父自らが用意する羽目になった。

メニューは、ハマチのお刺身とあさりとジャガイモの酒蒸し

ローストポーク。結構おいしい。

父は来たるべき定年後の日常生活に備えて、

家事全般を積極的にこなすいまどきの男だ。

セブの圧力鍋をこよなく愛しているので、

煮込み料理が大得意。でも、肉好きのため

大量に肉を買い込み、時として家計を圧迫するため、

父一人で肉屋に行かせることを、母は極力控えている。


さて、もうすぐ7ヶ月を迎える

雪ちゃんの日常のひとコマをご紹介。


朝ごはんを食べて、歯磨きしてブラッシングして

髪を結ってもらって朝のお散歩へGO。


まずは近所の公園で

5mのリードを最大限に伸ばしてもらい走り回る。


遠くに見えるトイプードルをじっと見つめる。

12110201.jpg誰か来マシタ



最近は母と雪ちゃんの足腰を鍛えるため

何だ坂こんな坂を散歩コースに選び

30分くらいかけてゆっくり歩く。
12110202.jpg思えば遠くへ来たもんだ



登校する長女と次女をお見送り。たまに。

12110208.pngイッテラッシャーイ! すんげぇ、荷物



玄関ポーチでなにやら物色

12110206.jpgガニマタだよ



今までは降りられなかったポーチの階段を

降りられるようになり、

12110207.jpg思い切ってやってみマシタ



門扉の下のスキマをくぐり抜けることを覚え

12110209.jpg頭が出ればあとはカンタン



すぐに連れ戻され監禁

12110210.jpg囚われの身のお姫さま気分デス たーすーけーてー



最近は涙がやたらと出て、ついに涙やけ。

母が一日20回くらい涙をふいてやっている。

12110205.jpg悲しくないのに涙がデマス


昼間は跳んだり跳ねたり、

ヒヅメをかじったり、


12110211.jpgウサギさんみたいです



結構長時間 昼寝をしたりする。

12110212.jpgマッタリ過ごしマス



夜ごはん食べて、

歯磨きとブラッシングと涙やけのお手入れをしてもらって

家族とテレビ見たりして、

夜10時。自分でサークル内のクレートへ入って就寝。

12110203.jpg10時以降はここから出ません


サークルの扉をあけっぱなしにしておいたら

明け方ウンチョスをもよおしたらしく

トイレから微妙に外れた場所にしてあった。

しかも、ゼロ君からもらった大事なカエルさんの

顔に寄り添うようにウンチョスがー。

12110204.jpgカエルさん、消毒中



雪ちゃんの日常はこんな感じ。

家族のみんなに抱いてもらったり 遊んでもらったり

芸を仕込まれたり 吠えて無視されたり

歩く人間のカカトめがけてとびかかって噛み付いて

叱られたり

たまにおいしいオヤツをもらったり

お客さんに挨拶したり

母の教室の生徒さんに抱いてもらったり

それなりにスパイスの効いた毎日だ。



ケガもせず、病気もせず、たいした事件の起こらない平凡な日々。

それこそがシアワセと言うものか。




     いつもありがとうございます
   ボクまたは雪ちゃんの顔のど真ん中あたり
    押していただけるとうれしいです~

           ↓
     
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
         にほんブログ村



こちらはアトリエのホームページ。いちどのぞいてみてね!

homepagebバナー



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。