上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWの前半が終わりましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

ウチの家族は暦通りのお休みで、

京都から父方の祖父母が泊りがけで遊びに来てくれました。

祖母の運転で高速を飛ばして来てくれるのだが

今回は、母の心配通り高速の出口を間違えて

(ウチは高速の出口のすぐそば)

一般道を逆戻りしてやっとたどり着いた。

ちなみに、祖父母が車でウチに来るのは初めてではない。

もう10回近く来ているはずなのだが、

年に1回くらい来るだけなので、毎回新鮮な気持ちで

記憶もクリアリセットされてしまうらしい。


父方だけでなく、母方の祖父母もなかなかのもので、

先日「東山動物園」で生まれたアジアゾウの赤ちゃんを見に行ったのだが、

1時間もオリの前で待ってるのになかなか赤ちゃんが出てこないので

飼育員さんに尋ねたところ、そこはアフリカゾウのオリの前だったそうである。

あわててアジアゾウのもとへ駆けつけたが、

赤ちゃんの公開時間は終わっており結局見ることはできなかった。

自分たちが間違えたくせに、プンスカ怒っていた。


話はもどり、先日訪れたモリコロパークで

「全日本うまいもの祭り」というワクワクするイベントが行われているので

京都の祖父母とともに(雪ちゃんも)出かけていった。


13042901.jpg
けっこうにぎわっていた。


大分のから揚げや宮崎県産牛のグルメバーガーや

長崎角煮まんじゅうや東京のひと口餃子や群馬の釜めしや・・・

まぁ、手分けして長~い行列に並んでは食べ物をGETして陣地に戻り

みんなで分け合っていろんなうまいものを食したわけだ。

雪ちゃんはパンの端っこや味の付いていない部分などを

ちょこっと分けてもらった。


食後は芝生の上で軽くバドミントン。

13043003.jpg


13043004.jpg
シャトルが気になる~


13043005.jpg
落ちたシャトルをくわえると離さない~


13043006.jpg
返しなさい!!


13043014.jpg
返さないよん


13043007.jpg
ムリに奪ったら、シャトルはボロボロ


じゃぁ、フリスビーにしようってことで

13043008.jpg
雪ちゃん、走る

13043009.jpg
やっぱ、フリスビーも離さないよ

13043010.jpg
返さないと、遊べないってば!

13043011.jpg
離せっつーの!

マジで取り合い。


これで、雪ちゃん楽しいのかね?

13043012.jpg
ハハハ。


遊ぶのはやめにして

散歩することにしました。

祖父母はベンチで休憩。


13043013.jpg
気持ちのいいお天気。食べて運動して、健康的に過ごした1日でした~


雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもちょいちょいがんばっていますので、見てやってください。






スポンサーサイト

かなり前のことになるが、

母とモップママが一緒に布屋さんへ出かけて

夏のTシャツ用にとモスグリーンの布を購入した。

そして、Tシャツを作った。


13042501.jpg 
こんな感じ。


赤ちゃん用でとってもやわらかいニット生地なので

ベビー服みたいにかわいい雰囲気にしたくて

ギャザーをよせて、ふんわり仕上げた。


13042502.jpg
極少ボタンもパステルカラー


もうひとつのポイントは

13042503.jpg
ひそかにVネック。だれにも気づかれない・・・


13042504.jpg
着てみました。   おっ、かわいい女の子かな?


13042505.jpg
振り向くと、意外とオトナ顔。


13042506.jpg
ねぇ、どうせモップとおそろいなんでしょ?この服も。


さすが、するどい!

13042507.jpg
おそろいでした~♪

でも、モップ君は男の子だから・・・

13042508.jpg
ギャザーは控えめに

13042509.jpg
ボタンもブルー系を襟元にふたつ


さっそく試着に来てくれたモップ君。

13042510.jpg パーンチ!

13042511.jpg かみついてやるぅー


おいらだってやるときゃやるよ!ハーッ!!

13042512.jpg ウッ!

幼馴染の雪とモップ。

仲良しツーショットが撮れたためしはない。


13042513.jpg
モップ君、カワイイ。


最期に、雪ちゃんの「タッチ、クルン!」をどうぞ。

食事前に必ず披露してくれるのだが、

父がいつのまにか、「ちょっちー、クルン!」(具志堅?)

と掛け声をかけるようになっていた。

でも、雪ちゃんは細かいことは気にしないでクルンと回ってくれる。


13042514.jpg
ちびくろサンボの溶けてバターになったトラみたい。


雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもちょいちょいがんばっていますので、見てやってください。

本日のタイトル、ピンときた方は東海地方在住の方でしょうか。

2005年に開催された愛・地球博の跡地が、記念公園として開放されています。

愛知県のはずれに位置するこの公園はモリコロ(モリゾーとキッコロ)パークの愛称で

親しまれ、なんといっても園内はワンコOK。

たくさんの人たちが愛犬とともに訪れては、万博をなつかしんでいる。(かどうかは知らない。)


それで、行ってきましたよ。父と母が、雪ちゃん連れて。

桜の咲き誇る4月上旬、子どもたちが部活の合宿で不在だったため

老夫婦が孫連れて、昔を懐かしむ感じ?


桜だけじゃなく桃の花もキレイに咲いていた。

13042014.jpg 
赤い桃の花に雪柳。

13042015.jpg 
レンギョウとピンクの花桃。


13042001.jpg むん!
雪と桜。


パスポートを購入したうちの家族は、狂ったように毎週末出かけていたなぁ。

当時子どもたちは、まだ小1と幼稚園児だった。

いつ行ってもいろんな国のたくさんの人たちであふれていた。

子どもたちもしょっちゅう親とはぐれて、どっかの国のアテンダントに

「お父さんが迷子になったので、携帯電話で呼び出してください。」

と、頼んだりしていた。

それで再会できたのだから、まぁ良かった。


あれから8年もたったのかぁ。



13042002.jpg
懐かしい風景。グローバルループ(空中回廊)が一部残されている。



13042003.jpg 雪ちゃんも歩いてみたよ。


13042004.jpg この案内板・・・


13042005.jpg なつかしい!

となりのトトロのサツキとメイのお家はまだ残されている。


13042006.jpg


アニメを再現して楽しんでいた子どもたち。中学生になった今はこんなこと絶対にしない。


13042008.jpg キッコロとモリゾー。


みんな若いねぇ。

今や姿かたちが変わってしまい・・・。

13042007.jpg 
でも、笑顔は健在。


雪ちゃんが怖がって逃げだすから、なかなか写真が撮れなかった。


13042009.jpg ここにもいる~。



広ーい芝生もあって、ワンコの足にはとってもやさしい。

13042010.jpg


雪ちゃんの特技のひとつ。

「たっち、クルン!」の掛け声で、後ろ足で立ち上がり、その後くるりと一回転。

回るときは這いつくばる感じで。

芝生の上でやってみました。


雪ちゃん!たっち、クルン!

13042011.jpg ハイ!

もう一回、クルン!

13042012.jpg ハイ!

まぁ、何回でもクルクル回ってくれるのだが

写真で確認してみると、必死こいた表情がなんかこわい。

こんな顔してるなんて気づかなかったな。


だって回り終わったときは、いつも

13042013.jpg 涼しい顔

してるんだもん。


そんなこんなで2時間くらいあちこち歩き回りました。

犬も人も楽しめたので、GW中にもういちど来るつもり。


13042016.jpg あれなに~?


モスバーガーのワゴン車も出動していた。

今度はハンバーガー買って、芝生の上で食べよう!と思った父と母(と雪ちゃん)であった。



雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもがんばっていますので、見てやってください。






ちょっと前のこと、陽ざしの強さに

春を通りこして夏を感じた日曜日。

かわいいストライプのニット生地が買ってあったので

それでセーラーカラーの洋服を作ろうと思い立った。母が。


雪ちゃんがグータラ昼寝をむさぼり、試着をしてくれないので

コイツに着せて仮縫いした。

13041801.jpg にせ銀。


ボクが旅立ってから約一年の間、

ボクの毛色と同じグレーのショールを体に巻き付けられて

ボクの身代わりとして活躍してくれたフレンチブルのぬいぐるみ。

今は雪ちゃんの身代わりとして、ときどき洋服の試着をしてくれる。

13041802.jpg 足が短すぎるけど。

リボンもつけてみました。

13041803.jpg
手書き風のラインがイイ感じ。


ついでにチュールのスカートも作りました。

13041804.jpg 白が眩しい。
 

着てみました。

13041805.jpg 
子どもの服を借り着したオバサン?


ちょっと、雪ちゃん、襟元見せて。

13041806.jpg ハーイ!


あ、反りすぎ。首に皺がよってる。

普通にしてていいよ。

13041807.jpg ハイ。


コレ、実は色違いでモップ君のTシャツも作った。

13041808.jpg 
モップ君は長めの丈を所望。

13041809.jpg
そんなことだろうと思ったよ!カーッ!


13041810.jpg
オイラも水兵さんだよーん!


雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもがんばっていますので、見てやってください。

今朝、雪ちゃんの髪を結っているとき

ふと、気になったことがある。


  雪の髪のゴムを切るのに毎日使っているこのハサミ。

  もともと誰が何のために使っていたんだろう?


13041401.jpg ❓


13041402.jpg 先が丸いし・・・


  まさか、オトウサンの鼻毛切りハサミ!?


13041404.jpg
うっそぉー、ヤダー、ちょっと、確認してよぉー。

 
13041403.jpg PIGEONだ。

  あー、子どもたちが赤ちゃんのとき

  爪を切るのに使ってたハサミだ。よかった・・・



13041405.jpg あー、コワ。


13041406.jpg 
安心したわ、まったく。


  これからも気をつけなくては、いろいろと。

と、あらためて気を引き締めた母であった。

最近(昔から)母は、言いまつがいやカン違いや思い込みが激しい。

そして、新しいモノ全般に弱い。

何度父に説明されてもWi‐Fiを理解しないし、

最近始めたFacebookでも、四苦八苦。

一週間前から使い始めたスマホも、もちろん使いこなせず

通話中に耳に押し当てすぎたり無意識にどこかに触れたりして、

なんども通話が切れてしまう。

昨日はLINEで通話中にWi‐Fiが切れてしばらく通信不能に陥ったので

そうそうにあきらめて、スマホを机の上において眺めながら

家の固定電話で友達としゃべっていた。

世の中についていけない。

がんばれ、アラフィフ。


雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもがんばっていますので、見てやってください。

本日4月7日、雪ちゃんは1歳の誕生日を迎えました。

ボクが荼毘にふされたのは、昨年4月7日の午前9時頃。

雪ちゃんが生まれたのは、それからちょうど12時間後の午後9時1分。

ボクと入れ替わるようにしてこの世に生まれ出た雪ちゃんは、

こんなにちいちゃかった。

13040719.jpg ツメまでカワイイ。

体重183g。1男3女の次女として誕生。

13040704.jpg 目が開いたよ。

長女のミルキーちゃんはホワイトで、ほかの3頭はシルバー。

13040702.jpg すでに雪ちゃん。

弟のフルール君は比較的近くに住んでいるので、今もよく会って遊んでいるけれど、

13040705.jpg 初めての顔バリ。

妹のアンちゃんはラナママと一緒に岡山にいるので、なかなか会うことはできない。

13040703.jpg 内気でおとなしそう。

でもFacebookでつながっているので、お互いの存在を身近に感じることができる。

便利な時代だ。



幼少期の雪ちゃんの写真を見ていただきましたが、

現在の雪ちゃんは・・・

13040706.jpg 気が強くて

13040707.jpg マイペースで

13040708.jpg トップノットも結える


立派なおとなのシルバートイプーに成長しました。



さてさて、お誕生日ということで

朝食もいつもよりはトッピングが豪勢だ。


13040709.jpg


リンゴの角切りをのせるつもりが、うっかりすべて人間が食べてしまい

雪ちゃんの分は皮だけになってしまった。


13040710.jpg ちっ!

でも、ブルーベリーケーキがあるよ。

13040701.jpg 犬用のね!


ボクと桃ちゃんもお祝いします。

13040711.jpg

まぁるいわっかは巨大なガム・・・だっけ?

Lさんとこで昨日購入。2本入りだったのでモップ君と半分こした。


13040714.jpg おいしそうだね~


それから、オカアサンからは半日がかりで仕上げたワンピースのプレゼント。


13040712.jpg 後ろ姿は可憐。


雪ちゃん、似合うじゃん。


13040713.jpg ありがとね!


記念撮影がすんだら、

13040715.jpg


ケーキをどうぞ。半分だけね。

13040716.jpg 待ちきれない。


夕食のトッピングも豪華だった。


13040717.jpg ひゃっほー♪


13040718.jpg

いい誕生日でした。



雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもがんばっていますので、見てやってください。
 

昨年4月5日、ボクは15年の生涯を終えて旅立った。

今、ボクは相変わらず小さな骨壺におさまり、リビングの一角に

「銀の仏壇コーナー」を設けてもらって、家族を見守っている。

1210075.jpg




ボクがこの世に別れを告げてから1年の月日が流れて、

今のボクたち家族の近況はというと、おかげさまで平穏な毎日を過ごしております。


そんな家族の日常をボクは日々ブログに綴っているわけですが、本日はボクに代わり

母にペンを握ってもらうことにいたしましょう。

では、オカアサンどうぞ。



 みなさん、はじめまして。アトリエミルンです。

 いつもいつも銀と雪がお世話になっております。

 銀の旅立ちの際には、あたたかい慰めや励ましのお言葉を

 ありがとうございました。


 さて、15年間を共に過ごした銀が虹の橋に向かって旅立ち、

 早いもので1年が過ぎました。

 その時の様子については銀が犬の立場から思いを語ってくれたので、

 一周忌を迎えた今日は、飼い主としての人の思いをお伝えしようと思います。


12090217.jpg


 銀を失うことは、私にとって「怖いこと」でした。

 「悲しい」でも「寂しい」でもなく、まさしく恐怖でした。


 ペットとの別れは子どものころからいくども体験しているので、

 「別れ」そのものは頭で理解していますが、やはり銀の場合は特別でした。


 まず、我が子同様に子犬のころから自分の手で育て上げたこと。

 15年間という長い年月を離れることなく共に生きた同士であること。

 生まれた時から銀と一緒に成長してきた娘たちが中学生となり、

 思春期の真っただ中で、銀の死をどう受け止めるかということ。


花織泣く


花織車


台所1


 銀は大病を患うことなく成長しましたが、

 老年期に入ってから心臓が弱くなり、てんかん発作も併発しました。

 でも、薬を服用することで発作を抑えることもでき日常生活に支障もなく過ごしていました。

 最後の1年間はめまいやふらつきもあり、目が離せない状況でしたが年齢を考えると

 仕方のない状況だったと思います。


 主治医の先生からは、老年期の犬との過ごし方や別れ方について説明をいただいており

 最後のときは病院ではなく自宅で迎えさせることも家族間で話し合っており、

 その時に家族のそれぞれが一度は覚悟を決めることができました。


 とはいえ、銀の命のともしびが消え入るその瞬間は、

 やはり怖くて怖くて仕方ありませんでした。

 大きな心臓の発作が起こり、長女に抱きかかえられて、必死に息をして

 最後の力を振り絞って私の目を見つめる銀の瞳を、忘れることはできません。

 指の間から砂がこぼれ落ちるように、銀の命がすぅっと消えていってしまう。

 どんなに助けてやりたくてもどうすることもできない。そんな感じでした。

1210072.jpg



 私の目を見つめていた銀の瞳が、ガラスのビー玉のように虚空を見つめた瞬間

 私は銀の旅立ちを悟りましたが、銀には声をかけ続けていました。

 とても怖くて仕方ないのに、心の中は感謝の気持ちでいっぱいだったので、

 銀はいい子だね、よく頑張ったね。今まで、ありがとう。

 と、ひたすら話しかけ続けました。

 子どもたちにちゃんと銀とのお別れをさせなくては、

 そして、銀自身を安らかに旅立たせてやりたいという

 親としての義務感もあったのだと思います。

 
1210073.jpg



 
 お通夜とお葬式がすんでからの空虚な日々は、今思い出してもつらいものがあります。

 経験上、時間がたたないことにはどうにもならないとわかっているのですが、

 その時間を過ごすこと自体がつらくて仕方ありませんでした。

 子どもたちは学校へ、夫は会社へ行き、家で仕事をする私は

 ほとんどの時間を銀と二人で過ごしていたのです。


 雪を迎えるまでの間、やはり普通ではありませんでした。

 心には大きな穴がぽっかりあいたようで、仕事をしているとき以外は

 埋めることのできないその穴をぼんやりと見つめて過ごしていました。

 いつも膝の上にいた銀のぬくもりと3.6キロ分の重さを感じられないことで

 よりいっそう喪失感が増していたように思います。

 その喪失感を埋めるべく、雪を迎えるまでは犬のぬいぐるみを抱いていました。


ぬいぐるみ


 銀のサイズで犬の洋服を作ったり、毎日のようにペットショップへ出かけて

 子犬を眺めたりと、できるだけぼんやりしなくてすむようにしていました。

 私の場合は、犬から離れるよりも積極的に犬にかかわるほうが気持ちが楽になったようです。


 いないはずの銀のなく声が聞こえたり、おやつの引っ張り合いをする感覚を指先に感じたりと

 いわゆる幻聴や幻覚もありました。

 長女は生まれて初めて金縛りにあい、銀に舐められている幻覚をおぼえ、

 目を覚ますと夢であることがわかるので、こわかったけれども目を開けずに

 しばらくそのままにしていたそうです。たとえ夢の中でも銀に会いたかったそうです。

花織と仲良し



 2ヶ月間は、ふとした瞬間に号泣したり、知らない間に涙が流れたり

 不安定な状態で過ごしましたが、家族で銀のビデオや写真を見たり

 思い出を語り合ったり、気持ちにフタをすることなく自然にふるまいました。


 お世話になったトリマーさんから

 「ガマンしないほうがいい」と声をかけていただいていたので、

 思い切り悲しむことができたのがよかったのだと思います。


 雪に出会ったときには、なんの心の準備もしていませんでしたが、

 すぐに家族として迎えることができました。

雪ちゃんです



 友人・知人、そして、ブログで知り合った多くの方々に支えられた1年でした。

 ほんとうにありがとうございました。


 ペットとの付き合い方が人それぞれであるように、別れ方も人それぞれ。

 何が良くて何が悪いかなんて、誰にも決めることはできないと思います。

 出会いがあれば、いつか必ず別れはやってくる。

 そして、ペットと暮らすということは、別れの覚悟も引き受けることなのだ

 という当たり前のことをあらためて気づかされました。

 それでもまた、犬とともに暮らしたい、と私たちは考えました。

 別れの悲しみ以上の楽しい・嬉しい・充実したときを過ごせることを

 銀が教えてくれたからです。

 
ブログトップ3
 


 一周忌を迎えましたが、まだ納骨する気にはなれません。

 もうしばらく銀にはリビングにいてほしいと思っています。

 
 そして、いつの日か私自身が旅立ちのときを迎えたとき

 虹の橋のたもとで最愛の銀に再会できることを楽しみに思っています。

 銀をもう一度思い切り抱きしめて、小さな頭をなでてやりたい。

 いつ訪れるかわからないその日が楽しみで仕方ありません。

 
 今、私の膝の上では、あさって4月7日に満一歳の誕生日を迎える雪が居眠りをしています。

 3kgの命の重みとぬくもりで、言葉には表せないような幸福感を与えてくれています。
 
 銀の最後のときに、感謝の言葉が自然にあふれでたのは

 こんな幸せを銀もわたしたち家族に与えてくれていたからだと思います。

 銀ちゃん、ありがとう。

 そして、ありがとう、雪ちゃん。

 



ミモザ満開



 銀との出会い・雪との出会い・皆さんとの出会いに感謝を込めて。

 
  2013年4月5日 銀の旅立ちの日に   アトリエミルン

 
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村 
 




 
 

 

 







雪ちゃんのキャリーバッグをネットで購入。

RADICAの製品で、持ち方は(手に下げる・肩に掛ける・背中に背負う)の3拍子揃った

便利なバッグだ。災害時には素早く犬を背中にしょって、両手に荷物を持てるように。


オーダーしたらすぐ次の日に届いたので、早速雪ちゃんに中に入ってもらった。

13040106.jpg あ、オシリだった。

反対側のジッパーを開けたら、犬が自分で中に入れる構造だが

入り口が狭いので、しかもビビりなので、雪ちゃんは自ら進んで

バッグの中には入らなかった。案の定。

で、結局上から押しこまれて、メッシュのふたをかぶせられたが

抵抗して顔を上げようとしたので、ミカンのネットをかぶって遊ぶ子どものように

犯人みたいな形相になった。

髪が乱れるのを嫌った母が上部のフタも閉めたら、やっとおとなしくフセ状態に。

13040107.jpg ブルーな気分。


で、父の広い背中に背負われて、自転車に揺られていざ花見へ。

花見会場の平和公園までは自転車で15分くらい。

しかーし、恐怖のダラダラ上り坂がえんえんと続く。

雪ちゃん、現在体重3キロ。

13040103.png そんなに重くはないけど。

途中で、ベーグルサンドを購入して公園で食べる予定が、

50代に突入した初老の父が、早くも休憩したくなって

急きょ 犬OKのクッチョロ・カフェでランチタイム。
13040104.jpg カレーもあるよ。

13040105.jpg ベーグルサンドはモチモチ。

13040108.jpg チワワちゃんと記念写真。



エネルギーを充電した父も復活し、ふたたび公園へ向かう。

13040101.png  談笑。

やっと着いた。すんごい人出。満開の桜の下でバーベキュー大会が繰り広げられている。

13040116.jpg きれいだなぁ。

13040114.jpg イヌとさくら。

雪ちゃんは、バッグから出られて開放的な気分で

13040110.jpg フリスビーをおねだり。

13040109.jpg 投げるよ!

13040112.jpg 咥えるよ!

13040111.jpg 持ってくるよ!

13040113.jpg ポーズを決めるよ!

13040115.jpg 散歩するよ!

13040118.jpg 
本日2頭目のチワワちゃんと遭遇。


子どもたちは若者だというのに、

桜も見ないで木陰に座り込み、ゲームに昼寝。年寄りか!!

13040117.jpg


しっかり桜を堪能して、帰路につく。

13040119.jpg
実は家の周囲も桜並木だらけ。

子どもたちは部活のために春休み中も毎日自転車で登下校。

桜は見飽きていたのだ。


雪ちゃんの応援、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



ついでに、母が教室のブログもがんばっていますので、見てやってください。
 




最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。