FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の金曜日、雪ちゃんが2回目のワクチンを接種した。

ボクがお世話になった、あの「ひがしやま動物病院」。

母が病院を訪れるのは、2ヵ月半ぶりだ。


雪ちゃんを連れて、病院の入り口を入ると

なつかしい看護師さんの笑顔に会えた。

おだやかで、いつもやさしい笑みを浮かべて、

病気のボクと家族を安心させてくれた。

  その節はありがとうございました。

  これからは、雪ちゃんがお世話になります。



雪ちゃんは、午前中の最後の患者さんだった。

母の苗字が呼ばれる。

真っ白い清潔なスライドドアがあいて、

あぁ、なつかしい、センセイの笑顔がのぞく!!


  ごぶさたしています、またお世話になります。

  新しい家族を迎えられて、また、来てくれてホント嬉しいです。

  今度の子は、おとなしいですよ~



だって。うーん、反論の余地はない。

センセイ、雪ちゃんに卵ボーロを差し出す。

ボクにしていたのと同じように。

緊張しきっている雪ちゃんは、口をあけない。


  いらない?銀ちゃんは食べたよ。

 
センセイ、雪ちゃんはオヤツなしでもいうこと聞きますよ。

ボクとちがって。

注射をうっても、身じろぎもしない雪ちゃん。エライぞ。

診察台の上では震えていたけれど、

大丈夫 大丈夫。センセイはとってもやさしい人だから。


ここのセンセイには、本当にお世話になった。

最後の最後まで。

別の病院で、ボクの薬がどんどん増えていって薬代が大変になったとき

トリマーさんがセンセイを紹介してくれた。

話し合いの末、必要最低限のお薬におさえてくれたのはセンセイだ。

(・・・雪ちゃんは、ペット保険に加入した)

一年前、心臓発作を繰り返すボクを救ってくれた。

いろんな可能性を考えて、薬を処方してくれた。

いつもていねいに説明をしてくれた。

人工の心臓弁があることも教えてくれた。

ボクの病状についてゆっくり考えて、夜遅くに電話をくれたこともある。

そんなこんなで、ボクは1年生き延びた。


なかでも一番ありがたかったのは、

ボクの最後をどのように迎えるかを、家族に選ばせてくれたことだ。

  
  容態が悪化したとき、入院させる

     →  最後に立ち会えない可能性がかなり高い

  入院はしないで、家で面倒をみる

     →  最後を看取ることができるかもしれない



家族は、後者を選んだ。センセイも賛成してくれた。

ボクは高齢だったし、ボクと家族の付きあい方をみると、それがいいといってくれた。

そのことを、ボクたちはとても感謝している。



結局のところ、獣医師に求められるのは人間性じゃないだろうか。

もちろん、知識や技術があっての上での話しだけれど。

高度医療や最先端技術が必要な場合も、もちろんある。

でも、動物の場合は人間と違って、病理解剖はしないだろうし、

ボクのような場合は、直接の死因なんてハッキリわからない。

倒れ方からみて、おそらく心臓発作だろうとか、

肝臓やら、腎臓やらも

加齢とお薬の副作用で悪くなるのもわかっていたし、

そのせいで食欲がなくなり、体力も落ちていたし・・・

そんな状況を 飼い主がまるごと受止めて

納得できるまで付き合ってくれたセンセイは、

やっぱり すばらしいセンセイだと思う。

そして、ボクが息をひきとったことを 母が電話で告げたときも、

センセイや看護師さんたちが 心からボクとの別れを惜しんでくれている、と

母は思うことができた。

それが、どんなにボクと家族の悲しみを癒してくれたことか。

飼い主が獣医師と心でつながれること、これはとても大事なことだと思う。




センセイ初めて センセイのいきなりタコチューに、雪ちゃんタジタジ。


  「ひがしやま動物病院のブログ」 に雪ちゃんがでています。





   雪ちゃん、ランキングに参加してみました
    クリックよろしくお願いいたします~
           ↓
     にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
        にほんブログ村


コメント

  1. こんばんわ、
    雪ちゃんは保険に加入されたんですね。銀ちゃんの事を思えば納得ですね。。。。
    動物病院のあり方、これ私も良く考えます。
    我が家の徒歩圏に出来た病院は診察にじっくり時間をかけて色々お話を聞いてくれます。
    話を聞いて、対応していただけると安心できますよね。
    違う病院もありますよね、、、金儲けメインの所とかも。
    私の住む地域は動物病院が多くて様々です。

    それにしても、雪ちゃんやはり大人しい子みたいですね。
    楽、ですよねきっと。マロンの小さい時は今と違ってほんと楽だったかも。
    それぞれの個性があり、子育ては楽しいですね。

    雪ちゃんプー足ですね〜!可愛い。

    ( 22:03 [Edit] )

  2. モコ&あん | -

    羨ましいです。
    信頼できる獣医師が側にいて・・
    モコあんの住む街には、信頼できる動物病院はありません。

    それでも、いざという時はそこに頼るしかないんです。

    うわうわ!
    先生に奪われてしまうぅ(>_<)
    雪ちゃん!逃げてぇ(笑)

    ( 23:04 )

  3. ゼロ♪ママ | -

    いい先生に出会えてよかったですね
    病院選びは迷います・・・
    ゼロはいちばん近い病院に行ってるんですけど
    たまたま総合病院で見てもらえる時間も長く
    骨折した時も迷わず(迷う暇もなく)駆け込んじゃいました!
    なかなか違う病院にいくきっかけが・・・^^;
    雪ちゃんお菓子くれる先生ってラッキ~
    次はちゃんと食べなよ~♪

    ( 08:17 )

  4. フルールママさんへ | -

    フルールママさんへ

    銀は骨折したり、お米の盗み食いで下痢をしたりと
    1年目はいろいろと病院代がかかったので、
    まずは雪も1年は入ってみることにしました。
    たしかに、雪は誰からもおとなしいといわれるので・・・
    でも、慣れていないだけだったりして!
    豹変したらどうしよう~

    ( 09:34 )

  5. モコあんさんへ | -

    モコあんさんへ

    銀もいろんな病院に行きましたが、
    最終的に今の先生の病院に落ち着きました。
    北海道 広いのに・・・
    「動物のお医者さん」というマンガを読んで
    北大出身の良い先生がいっぱいいそうな気がしてました。
    頼りになる病院が近くにできるといいですね。

    ( 09:39 )

  6. ゼロ♪ママさんへ | -

    ゼロ♪ママさんへ

    総合病院とは、安心ですね~
    ゼロ君も骨折したんですか!
    銀もソファから飛び降り損ねて、ポキッとやっちゃいました。
    犬よりこっちが取り乱しませんでした?

    ( 09:42 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。